スポーツ教室ヨガ教室レッスンノート 脊柱のストレッチ(Cat&Cawというポーズ)

脊柱のストレッチ(Cat&Cawというポーズ)

ヨガ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日はおつかれさまでした。
身体の柔軟性や体力はヨガなどのレッスンをすることで改善されていくことを少しでも体感していただけたらうれしく思います。
身体の柔軟性一つとっても、肩周り、股関節、脊柱など部位によっても様々ですし、ふくらはぎや足首、体側の筋肉の伸び、左右差などご自身の身体、その日の心の状態と向き合いながらレッスンをすることで新たな発見があります。
今回は体験レッスンということで身体の様々な動きを実践していだきました。
以下、昨日のレッスンの内容です。

座って、身体の縦の伸び、体側伸ばし、肩周りのストレッチ
仰向けで下腹部に手をあてて腹式呼吸(横隔膜を動かしました。内臓のストレッチです)
四つんばいで、脊柱のストレッチ(Cat&Cawというポーズ)→バリエーションとして片足伸ばし(腹筋を使わないとキープできないポーズでしたが、とてもバランスよくできていました!!)
両手の間に、胸をおろしてそこから上体起こし(コブラのポーズ)
お尻をかかとにつけてリラックス(チャイルドポーズ)
つま先を立てて、両手でマットを押すようにしながら腰を持ち上げる(下向きの犬のポーズ、ダウンドッグ)
太陽礼拝2セット(全身を使う動きです、新陳代謝アップ)
両足を開き、片方のつまさきを前方に向けて膝を踏込み、両手を広げる(戦士のポーズ2)
片手を太ももにのせて体側を伸ばす(パールシュヴァコナーサナ)→三角のポーズ
足を前後に開き膝を踏み込んで両手を上にあげる(戦士のポーズ1)→両手をうしろで組んで前屈→両足を開いて前屈(プラサリータ・パードッターサナ)
片足で立って両手を上に(木のポーズ)
足の裏をあわせて前屈(がっせきのポーズ)、足を伸ばして座る(杖のポーズ)、片足を立てて体をひねる(アルダマッチェンドラアーサナ)
仰向けで膝を立て腰を持ち上げ、両手で腰を支える(橋のポーズ)
片足を抱える(片足のガス抜きのポーズ)
両ひざを抱えて、腰の後ろ(仙骨周りのマッサージ)
両足を抱えて頭を近づける(ガス抜きのポーズ)

こうやって書いてみると、じつにたくさんの動きに挑戦していただきました。全体的にゆっくり進めましたが、慣れてきたら一つのポーズのキープ時間を長くとったり、より深く呼吸をしながら動くことで効果を高めることのできる基本的な動きになります。

昨日もお話ししたとおり、笑顔でヨガをされていたことは心身にとても効果的です。
ご自身の身体の特徴を観察されたことも、ご自身と向き合うことのできた貴重な時間でした。
違和感を感じる関節や、伸びを感じた筋肉・・・どれもご自身の身体です。ぜひ大切にしていただけたらと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

年齢、経験、カラダの柔軟性すべて不問!気軽に始めるリラックス系ヨガ

レッスンノート ページ先頭へ

ヨガ情報

サイタのヨガ講師がブログを通して、ヨガ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!