サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word 東京 WordPro大親切スクール レッスンノート タッチタイプの習得

タッチタイプの習得

Word(ワード)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

パソコン操作はできるがタイピングが苦手ということで、タッチタイプの習得を目標に当レッスンを受講されました。
何ごともできてしまえば理屈はいらないものですが、これから技術を習得しようとする場合は、理屈がわかっていた方が効率よく練習できると思います。

キーボードを見ないで打てるようになるタッチタイプの原理を理解していただきながら、ガイドキー周辺の練習を行っていただきました。これは練習というよりは、練習の仕方を学んでいただいたということです。
とはいえ、初めての本格的なタイピングレッスンでしたのでお疲れになったことと思います。タッチタイプの習得には3ヶ月程かかりますが、正しい方法で練習すれば必ず身につけることができますので、お伝えした3つののポイントを意識しながら練習を続けていってください。

中段キーのG、Hの打鍵ではガイドキーから指が離れますが、このとき手の横への動きは見た感じ以上に大きかったことと思います。G、Hはガイドキーの隣のキーですが、目で見ている距離と手で打つ距離感はかなり違うものです。指だけでなく手全体を思い切って横に移動させて打つのがコツです。

続けて中段と上段の練習をしました。ホームポジションから上段への動きは難しくありません。ただ、T、Y、@の打鍵では上下の基本移動からはずれた動きになりますので、これらのキーを打ったあとはホームポジションへの戻りをよく意識してください。また、通常の上段キーの場合でも、打ち終わったあとは、必ずホームポジョンに指を戻すようにしましょう。

タッチタイプの重要さは、実務でのパソコン使用で痛感させられるものです。実務でのキーボード操作は速さよりも正確さが求められます。というよりは、不正な操作があったときに、そのことがわかるということが重要です。入力間違いに気がつくことができ、その場で直せるということですね。

タッチタイプではない入力操作というのはキーボードに目を落として入力することを言いますが、このような入力方法では、打鍵時にディスプレイ上で何が起きているかがわかりません。打鍵前の状態と打鍵後の状態の違いは、それをリアルタイムで見ていればわかりますが、ディスプレイから目を離してキー操作が行われた場合には、何が起きたのかを把握することが難しい場合が多々あります。何かの操作をしたことに違いないが、ディスプレイ上では何ごとも起きていないようにしか見えない、あるいは自分が操作したつもりの状態とは異なる状態になっているということがあるためです。

このような場合、例えばそれがワープロ文書やプログラムの編集であった場合は、私は迷うことなくその文書を破棄して、確信できる編集状態のところからやり直すことを勧めますが、バックアップがないなどの理由からそれを躊躇すると誤ったテキストを作成してしまうことになります。タッチタイプはこのような事態に至るのを減らすために必要となる入力法ですので、ぜひ習得していただきたいと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

パソコンオペレーター育成歴20年。タッチタイプ~企業で使える能力まで

新着レッスンノート

扱っておられる製品のマニュアルや資料作成にWordを活用できるようになりたいとの目的で、今回でレッスンは4回目を迎えました。2時間レッスンを重ねてこられましたので今回でほぼ最終段階に到達です。 Wordの「段落スタイル」は段落書式、フォント書式、インデント、タブ、罫線など文字に関わるすべ...

前回学んでいただいたインデントとタブですが、両者を組み合わせた使い方がありますので、復習を兼ねてレッスンの最初にその操作を確認しました。 (文章ではイメージを説明しにくいですが)1行目に小タイトルがあり、数文字分あいて、その小タイトルに付随する説明文が始まり、それが複数行に渡るという体裁の段...

タッチタイプのレッスンお疲れさまでした。毎回1時間、私がキーボードを紙で隠しながらタイプ練習を行っていただいています。 今回はオリジナルテキストの英字キー第3課「中段と下段」と第4課「最上段」の状況を確認させていただくところからレッスンを始めました。 英字キーの配置はこの2ヶ月の間でほ...

前回の体験レッスンでは行間隔についての全体設定をおもに学びました。これを最初に学ぶのは、Wordにおける行間隔の指定が、文書全体の性質を決める最も基本的な要素であるためです。 この行間隔の全体設定は、ホームリボンのスタイルダイアログボックスランチャー(スタイルグループの右下の小さな四角ボタン...

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。これまで資料作りなどにWordを使ってこられましたが、Word操作の基本に不安があるというご相談でした。「困った経験」についておうかがいしたところ「表の中に図を入れるといつも表の枠がいったん大きくなってしまう」「図が意図しないところに移動し...

レッスンノート ページ先頭へ