サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word 東京 WordPro大親切スクール レッスンノート パソコン教室以上のレッスンを提供

パソコン教室以上のレッスンを提供

Word(ワード)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。パソコンスクールにしばらく通っておられましたが、ご自分の学びたい内容とスクールで提供される内容に食い違いがあるとのことで当プライベートレッスンを受講されました。

個人レッスンですので、受講される方のレベルに合わせてレッスン内容を提供させていただいています。特に私のレッスンでは、例えばWordの場合ですと、用紙の選択、余白の設定といった部分についても必要に応じて教えていますが、初歩的な部分はできるだけ割愛するというのが基本方針です。

プライベートレッスンはけっして安い料金ではありませんので、このような部分に時間を費やすことをできるだけ避けて、基本操作の中で「教えてもらわなければおそらくわからない」ところを重点的にお教えしています。ただしそれは難しい裏技のようなことを覚えていただくというのではなく、文書作成において絶対に必要な操作に限って覚えていただくということです。

文書作成で絶対に必要な操作なのに「教えてもらわなければわからないものなのか」と疑問に思われる方もいると思いますが、実際にWordはそのようなソフトウェアです。Wordは易しいソフトウェアではないというのが私の理解です。

今日の体験レッスンでは、これから覚えていただくことになるWord操作の全体をまず見ていただきました。それは

 1.Wordが扱うのは文字、表、図の三つ
 2.それらの縦方向と横方向の複数の制御操作
 3.文字については文書全体に関わる「全体設定」と段落や文字レベルでの「部分設定」がある

ということです。
この中で、今日は文字の縦制御の一つである改行幅の全体設定を行っていただきました。
パソコンスクールで教わってこられた内容と全然違うので驚かれたことと思いますが、今日の1回のレッスンで、いきなりWord操作の中枢に入り込んだという印象をもっていただけたかと思います。
この調子で5回のレッスンを続けていけばどんな文書でも作成できるようになります。ご入会いただきましたので、今後ともよろしくお願いいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

パソコンオペレーター育成歴20年。タッチタイプ~企業で使える能力まで

新着レッスンノート

扱っておられる製品のマニュアルや資料作成にWordを活用できるようになりたいとの目的で、今回でレッスンは4回目を迎えました。2時間レッスンを重ねてこられましたので今回でほぼ最終段階に到達です。 Wordの「段落スタイル」は段落書式、フォント書式、インデント、タブ、罫線など文字に関わるすべ...

前回学んでいただいたインデントとタブですが、両者を組み合わせた使い方がありますので、復習を兼ねてレッスンの最初にその操作を確認しました。 (文章ではイメージを説明しにくいですが)1行目に小タイトルがあり、数文字分あいて、その小タイトルに付随する説明文が始まり、それが複数行に渡るという体裁の段...

タッチタイプのレッスンお疲れさまでした。毎回1時間、私がキーボードを紙で隠しながらタイプ練習を行っていただいています。 今回はオリジナルテキストの英字キー第3課「中段と下段」と第4課「最上段」の状況を確認させていただくところからレッスンを始めました。 英字キーの配置はこの2ヶ月の間でほ...

前回の体験レッスンでは行間隔についての全体設定をおもに学びました。これを最初に学ぶのは、Wordにおける行間隔の指定が、文書全体の性質を決める最も基本的な要素であるためです。 この行間隔の全体設定は、ホームリボンのスタイルダイアログボックスランチャー(スタイルグループの右下の小さな四角ボタン...

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。これまで資料作りなどにWordを使ってこられましたが、Word操作の基本に不安があるというご相談でした。「困った経験」についておうかがいしたところ「表の中に図を入れるといつも表の枠がいったん大きくなってしまう」「図が意図しないところに移動し...

レッスンノート ページ先頭へ