サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word 東京 WordPro大親切スクール レッスンノート 文字の横方向の制御

文字の横方向の制御

Word(ワード)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

社内で作成した文書のレイアウトを手直しされずにすむようになりたいとのご意向でレッスンを受講されました。
Wordは入学が最も易しいソフトの一つといってよいと思いますが、進級や卒業はかなり難しいソフトでもありますね。しかしWordのどの機能を覚えるべきかについての適切な知識があれば、Wordをマスターすることは難しくありません。

Wordが扱うオブジェクトは文字、表、図の三つです。そしてこれらを縦横に自在に配置することができればWordが使えるようになったといえますね。つまり文字、表、図それぞれの縦方向の制御、横方向の制御の機能が分かればよいわけです。

今日の体験レッスンでご要望があったインデントは、文字の横方向を扱うための機能です。インデント設定は段落書式ダイアログで行うのが基本ですが、インデントルーラーを表示させてインデントマーカーで設定するのが簡単ですね。
また、文字の横方向の制御にはもう一つタブストップの設定があります。このタブとインデントを組み合わせて使えるようになると文字の横方向の制御は完璧です。

タブは表のセル内の文字でも同じように使うことができます。ただし表中でのタブ文字はCtrlキー+TABで入力します。
インデントは幅の狭いセルの中ではうまく設定できなくなってしまいますが、広めのセルでは通常の文字のときと同じように使えますのでいろいろな表で試してみてください。

表の横方向の制御ということでは、表の中の文字の他に、表自体の横方向の制御ということも考える必要があります。表の横位置の設定も表のインデントといいますが、表のインデントは文字のインデントとは全然違う機能で、表のプロパティダイアログで設定します。

文字、表、図の縦と横の制御にはそれぞれ別の機能が割り当てられており、また、インデントとタブのように複数の機能が用意されているものもあります。また、表の場合には、表の中の文字の縦横制御と、表の外の文字との関係での縦横制御があり、図については図の外の文字に対する縦横制御の他に、文字とのいくつかの関係設定があります。

Wordは操作がめんどうなソフトに思えますが、Wordを道具として使えるようになると、どんな文書でも思い通りに作成できるようになりますので、これはなかなか大きなスキルの獲得だといってよいと思います。
次回は、Wordの中でも理解が難しい文字の縦方向の制御を中心に学んでいきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

パソコンオペレーター育成歴20年。タッチタイプ~企業で使える能力まで

新着レッスンノート

扱っておられる製品のマニュアルや資料作成にWordを活用できるようになりたいとの目的で、今回でレッスンは4回目を迎えました。2時間レッスンを重ねてこられましたので今回でほぼ最終段階に到達です。 Wordの「段落スタイル」は段落書式、フォント書式、インデント、タブ、罫線など文字に関わるすべ...

前回学んでいただいたインデントとタブですが、両者を組み合わせた使い方がありますので、復習を兼ねてレッスンの最初にその操作を確認しました。 (文章ではイメージを説明しにくいですが)1行目に小タイトルがあり、数文字分あいて、その小タイトルに付随する説明文が始まり、それが複数行に渡るという体裁の段...

タッチタイプのレッスンお疲れさまでした。毎回1時間、私がキーボードを紙で隠しながらタイプ練習を行っていただいています。 今回はオリジナルテキストの英字キー第3課「中段と下段」と第4課「最上段」の状況を確認させていただくところからレッスンを始めました。 英字キーの配置はこの2ヶ月の間でほ...

前回の体験レッスンでは行間隔についての全体設定をおもに学びました。これを最初に学ぶのは、Wordにおける行間隔の指定が、文書全体の性質を決める最も基本的な要素であるためです。 この行間隔の全体設定は、ホームリボンのスタイルダイアログボックスランチャー(スタイルグループの右下の小さな四角ボタン...

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。これまで資料作りなどにWordを使ってこられましたが、Word操作の基本に不安があるというご相談でした。「困った経験」についておうかがいしたところ「表の中に図を入れるといつも表の枠がいったん大きくなってしまう」「図が意図しないところに移動し...

レッスンノート ページ先頭へ