パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Wordレッスンノート 「パソコンを使える」ということの一般的な意味について

「パソコンを使える」ということの一般的な意味について

Word(ワード)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受講していただいてありがとうございました。
パソコンの経験をほとんどお持ちでない中で、お仕事の準備のためにパソコン全般を基礎から学ばれたいとのことでした。

はじめに「パソコンを使える」ということの一般的な意味についてお話しさせていただきました。職場などでパソコンを使いこなしている人をみると感心するものですが、そういった人たちは実際には何ができているのか、そのことを具体的に知ればその人の状態に近づく道筋が見えてきますね。
パソコンを使えるということの理解を得ていただいた上で、今日はPC(パソコン)内部の構造を見ることからレッスンを開始しました。
いずれも少し古い物ですが実物サンプルも見ていただきました。実物で見ていただいたのはインテルの80386というCPUと、メインメモリ(DRAM)、2.5インチ規格のハードディスクです。マザーボードについては写真と図を見ていただきました。
これらの役割を把握していると、パソコンを使っていく上でいろいろ役に立つものです。例えば、パソコン購入のときにはパソコンの性能が気になるものですが、こういったPC内部の装置をイメージできれば、店頭表示に「メモリ4ギガバイト」、「ハードディスク1テラバイト」などと書かれていることの意味も理解できるようになってきます。

Windowsエクスプローラーを使って、記憶装置でのファイルの置かれ方について理解していただきました。パソコンにはDVDやカードメモリやハードディスクなど複数の記憶装置があって、それらにはC,D,E などのドライブ名が割り当てられており、それぞれのドライブは複数のフォルダを持っています。しかもそれらのフォルダの下にはさらにフォルダがあるという構造ですね。
データの実体であるファイルは、必ずこれらのいずれかのフォルダの中に格納されています。どのフォルダにも入っていないファイルというのもあるのですが、これについては「ルートフォルダにある」という言い方をします。
エクスプローラーは、ハードディスクやDVDに保存されているファイルの在りかを示すものですので、エクスプローラーの操作を覚えることで、多くのアプリケーションでのファイル読み込みと保存の操作をマスターできるようになります。エクスプローラーの操作は、パソコン操作の基礎中の基礎といえる部分ですので、ぜひしっかりと身につけてください。
次回からは、タッチタイピングの練習も並行して始めたいと思いますのでがんばってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

パソコンオペレーター育成歴20年。タッチタイプ~企業で使える能力まで

WordPro大親切スクール
星加弘文 (Word)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

レッスンノート ページ先頭へ