サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Word 東京 WordPro大親切スクール レッスンノート 「パソコンを使える」ということの一般的な意味について

「パソコンを使える」ということの一般的な意味について

Word(ワード)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受講していただいてありがとうございました。
パソコンの経験をほとんどお持ちでない中で、お仕事の準備のためにパソコン全般を基礎から学ばれたいとのことでした。

はじめに「パソコンを使える」ということの一般的な意味についてお話しさせていただきました。職場などでパソコンを使いこなしている人をみると感心するものですが、そういった人たちは実際には何ができているのか、そのことを具体的に知ればその人の状態に近づく道筋が見えてきますね。
パソコンを使えるということの理解を得ていただいた上で、今日はPC(パソコン)内部の構造を見ることからレッスンを開始しました。
いずれも少し古い物ですが実物サンプルも見ていただきました。実物で見ていただいたのはインテルの80386というCPUと、メインメモリ(DRAM)、2.5インチ規格のハードディスクです。マザーボードについては写真と図を見ていただきました。
これらの役割を把握していると、パソコンを使っていく上でいろいろ役に立つものです。例えば、パソコン購入のときにはパソコンの性能が気になるものですが、こういったPC内部の装置をイメージできれば、店頭表示に「メモリ4ギガバイト」、「ハードディスク1テラバイト」などと書かれていることの意味も理解できるようになってきます。

Windowsエクスプローラーを使って、記憶装置でのファイルの置かれ方について理解していただきました。パソコンにはDVDやカードメモリやハードディスクなど複数の記憶装置があって、それらにはC,D,E などのドライブ名が割り当てられており、それぞれのドライブは複数のフォルダを持っています。しかもそれらのフォルダの下にはさらにフォルダがあるという構造ですね。
データの実体であるファイルは、必ずこれらのいずれかのフォルダの中に格納されています。どのフォルダにも入っていないファイルというのもあるのですが、これについては「ルートフォルダにある」という言い方をします。
エクスプローラーは、ハードディスクやDVDに保存されているファイルの在りかを示すものですので、エクスプローラーの操作を覚えることで、多くのアプリケーションでのファイル読み込みと保存の操作をマスターできるようになります。エクスプローラーの操作は、パソコン操作の基礎中の基礎といえる部分ですので、ぜひしっかりと身につけてください。
次回からは、タッチタイピングの練習も並行して始めたいと思いますのでがんばってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

パソコンオペレーター育成歴20年。タッチタイプ~企業で使える能力まで

新着レッスンノート

扱っておられる製品のマニュアルや資料作成にWordを活用できるようになりたいとの目的で、今回でレッスンは4回目を迎えました。2時間レッスンを重ねてこられましたので今回でほぼ最終段階に到達です。 Wordの「段落スタイル」は段落書式、フォント書式、インデント、タブ、罫線など文字に関わるすべ...

前回学んでいただいたインデントとタブですが、両者を組み合わせた使い方がありますので、復習を兼ねてレッスンの最初にその操作を確認しました。 (文章ではイメージを説明しにくいですが)1行目に小タイトルがあり、数文字分あいて、その小タイトルに付随する説明文が始まり、それが複数行に渡るという体裁の段...

タッチタイプのレッスンお疲れさまでした。毎回1時間、私がキーボードを紙で隠しながらタイプ練習を行っていただいています。 今回はオリジナルテキストの英字キー第3課「中段と下段」と第4課「最上段」の状況を確認させていただくところからレッスンを始めました。 英字キーの配置はこの2ヶ月の間でほ...

前回の体験レッスンでは行間隔についての全体設定をおもに学びました。これを最初に学ぶのは、Wordにおける行間隔の指定が、文書全体の性質を決める最も基本的な要素であるためです。 この行間隔の全体設定は、ホームリボンのスタイルダイアログボックスランチャー(スタイルグループの右下の小さな四角ボタン...

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。これまで資料作りなどにWordを使ってこられましたが、Word操作の基本に不安があるというご相談でした。「困った経験」についておうかがいしたところ「表の中に図を入れるといつも表の枠がいったん大きくなってしまう」「図が意図しないところに移動し...

レッスンノート ページ先頭へ