サイタビジネススキル講座文章/文書の書き方講座ライティング 東京 勝利の伝わるライティング教室 レッスンノート 書く前に「考える」ということ

書く前に「考える」ということ

ライティング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

過去の制作物を素材にして、簡単な「文章作成に係るセルフチェック」を実施、そこから文章作成の根本である「相手(誰)を思い思いやること」について、最初にお話しさせていただきました。

そして、書くことに拘るあまり、ついつい忘れてしまいがちな「全体を構成すること」。書く前に、場合によっては書いた後に、全体のつながり、流れを意識して構成を考える。これを常に意識することの重要性もご説明しました。この構成の幹になるのが「何を伝えたいのか」というテーマ、主題です。そのために書いた後の「要約」が効果的なこともお伝えいたしました。

後半は、前半のレクチャーを踏まえて、今抱えていらっしゃる原稿について、一緒に「構成」を考えてみました。読み手を考え、テーマを考えて、そこに行き着く筋道を考える。とにかく考えることが大切であることを実感してもらえていたら、うれしいです。次回は、こちらの原稿のブラッシュアップ中心のレッスンになると思います。締め切りに向けて、頑張っていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

キャリア30年の先生が、優しく楽しく「伝わる文章」の書き方をレクチャー

目的・種類別にライティング教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

事前に送っていただいた「時代解説」を素材に、「伝わりやすさ」「わかりやすさ」を総括する添削レクチャーとさせていただきました。メッセージで材料となる文章を書き出す時のポイントはお伝えしていましたが、それを「メッシュ方式」で2倍、3倍に増やしてからまとめる方法についても説明いたしました。説明では、...

展示会で配布する予定の用語解説カード。その原稿を事前に送っていただき、「伝わりやすさ」「わかりやすさ」について、実際の文章を例にとりながら解説させていただきました。来訪者が期待するのは、「そうなんだ!」「なるほど!」といった、「腑に落ちる」内容であること。このことは認識されていたようですね。そ...

事前に送付される予定だった課題がギリギリになってしまい...急遽その場での添削レッスンとさせていただきました。内容としては ①ひな形に合わせて書く(揃える) ②文節単位で語順を変える ③同じ意味で違う表現を探す のアプローチを、かなり具体的に紹介したつもりです。実際のリライト手...

前回に続き、課題文を題材にした「添削形式」でレッスンを進めていきました。最初の課題文である「ごあいさつ」の原稿は、起承転結でまとめられていて、前回までのレッスン内容も十分に生かされていたと思います。その中で、いくつか手直しのポイントを紹介しました。とりわけ数学的な思考で文章を“切る”ことが、長...

コロナ禍のために約3か月ぶりのレッスンとなりました。その間にも新しい施設の開館があり、今回は、その開館記念イベントの「プロローグ」を題材に、前々回に続いて論理的に文章を書くための方法をいくつかレクチャーしました。 ①構成案で可視化してみる ②単文(1文)に分解してみる ③解(Beca...

レッスンノート ページ先頭へ

ライティング情報

サイタのライティング講師がブログを通して、ライティング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!