サイタビジネススキル講座文章/文書の書き方講座ライティング 東京 勝利の伝わるライティング教室 レッスンノート 文章もスポーツ、練習次第です!

文章もスポーツ、練習次第です!

ライティング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

「文章力をアップさせてメールや報告書を相手にわかりやすく伝えたい」と、はっきりした目的意識を持って体験レッスンに参加いただきました。業務に直結した文章の書き方ということで、まず、ビジネス文書をわかりやすく書くためには

①読み手を意識する
②読み手に応じて書く
③報告書や週報、メールなど、状況に合わせて書く

ことが大切になるという話から始めました。

体験レッスンには、事前にお話ししていた事例もいくつか持参いただけたので、そちらを拝見しながら、文章作成のコツについても少し紹介させていただきました。

①3つの文で話を組み立てていく
②文末の表現に変化を持たせる
③自分の中に引き出しを増やす

初めの1時間ではもちろん足りませんでしたが...これからじっくり教えていくので、ぜひ自分のものにしていってください。次回は 宿題として預かりました事例(報告書)の、実際にどこをどう直せばわかりやすく気の利いた文章になるのか、具体的に例示していければと思っています。

文章もスポーツと同じです、練習次第で必ずうまく書けるようになります!
このレッスンノートを書いたコーチ

キャリア30年の先生が、優しく楽しく「伝わる文章」の書き方をレクチャー

目的・種類別にライティング教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

事前に送っていただいた「時代解説」を素材に、「伝わりやすさ」「わかりやすさ」を総括する添削レクチャーとさせていただきました。メッセージで材料となる文章を書き出す時のポイントはお伝えしていましたが、それを「メッシュ方式」で2倍、3倍に増やしてからまとめる方法についても説明いたしました。説明では、...

展示会で配布する予定の用語解説カード。その原稿を事前に送っていただき、「伝わりやすさ」「わかりやすさ」について、実際の文章を例にとりながら解説させていただきました。来訪者が期待するのは、「そうなんだ!」「なるほど!」といった、「腑に落ちる」内容であること。このことは認識されていたようですね。そ...

事前に送付される予定だった課題がギリギリになってしまい...急遽その場での添削レッスンとさせていただきました。内容としては ①ひな形に合わせて書く(揃える) ②文節単位で語順を変える ③同じ意味で違う表現を探す のアプローチを、かなり具体的に紹介したつもりです。実際のリライト手...

前回に続き、課題文を題材にした「添削形式」でレッスンを進めていきました。最初の課題文である「ごあいさつ」の原稿は、起承転結でまとめられていて、前回までのレッスン内容も十分に生かされていたと思います。その中で、いくつか手直しのポイントを紹介しました。とりわけ数学的な思考で文章を“切る”ことが、長...

コロナ禍のために約3か月ぶりのレッスンとなりました。その間にも新しい施設の開館があり、今回は、その開館記念イベントの「プロローグ」を題材に、前々回に続いて論理的に文章を書くための方法をいくつかレクチャーしました。 ①構成案で可視化してみる ②単文(1文)に分解してみる ③解(Beca...

レッスンノート ページ先頭へ

ライティング情報

サイタのライティング講師がブログを通して、ライティング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!