サイタビジネススキル講座文章/文書の書き方講座ライティング 北海道 サッポロ文章の書き方スクール レッスンノート 営業ブログを楽しく続けるポイント

営業ブログを楽しく続けるポイント

ライティング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

サロン集客のためのブログを楽しく書くためのポイントは?

ネタに困らないように、いくつかテーマを決めておく
--継続のお客様向けのお手入れ知識
--お客様との間で話題になったこと
(サロンの雰囲気を伝える)
--季節ネタ など

毎日ではなくても週一でもOK

最初から、前編、後編など連続ブログを
書くつもりで書いてみる。
短いブログは、情報が薄くなる。
「大切なコツは後編で公開!つづく!」など、読み手にもう一度、読みに来てもらう効果もある。

読みやすい文章を書くためのテクニックは、いろいろあるが、まずは苦手意識を小さくすることからスタート。

50記事書き溜めることを目標にする。100記事位貯まると財産(営業ツール)として稼働する。
リピートで読みにくる人が増える。

すでにホームページに記載しているお客様の声や、お客様によく聞かれることなどもブログに重複記載してもOK。
情報を読む入り口は、いくつあってもいい。

お客様の層は30〜40代女性。

SEOを意識したキーワードを文章に盛り込むなど、対面添削しながらコツをつかんでいく。
このレッスンノートを書いたコーチ

キャリア30年の現役ライターが、「読み手に伝わる文章」の書き方を伝授!

目的・種類別にライティング教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンの目的について確認 これまでの文章作成の経験の確認 文章作成の基本レッスン ・1文を短く ・読点の打ち方のパターン ・ですます調、である調の統一 ・代名詞はできるだけ使わない ・何について書くかを最初に決める 文章を書くことに慣れるために ・文章を書く習慣づけ ...

▼添削 基本的に大きな修正はなし。 ▼アドバイス 内容、感想などの項目に、簡単な文章をプラス 読みやすさ、興味を持ってもらうための工夫 書籍の内容をもう少し詳しく書く 本に興味を持った人へ情報提供するため amazonへのリンク誘導を追加 著者メッセージのタイトルと...

●作成した現状の書評の確認 ●書評を書く目的を明確にする ●どこに、何のために公開する文章かにより、  書き方が変わる ●書評テンプレートの説明 ●文章の順番についての説明 ●どんな内容を書くかについての例

▼作成した論文の文章添削 ・添削ポイントの説明   L 現在の文章表現の対象範囲が広いので、読み手伝わりづらい。論文テーマにあう具体的な内容を足して、現在の現場に即した表現にする。   L 読み手に伝わるように、指示代名詞はできるだけ使わない。   L 読み手が混乱しないように、用語を...

▼論文構成の各項目添削説明 論文全体のストーリーを踏まえてアドバイス ・コーチのチェック内容を口頭で説明 ・質問に対するアドバイス ・論文作成に関係するキーワードの提示 など

レッスンノート ページ先頭へ

ライティング情報

サイタのライティング講師がブログを通して、ライティング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!