サイタスポーツ教室ウォーキング教室 東京 修造ウォーキング教室 レッスンノート 「ヒアリング」「フォームチェック」「ウォーキング基礎」を行いました

「ヒアリング」「フォームチェック」「ウォーキング基礎」を行いました

ウォーキング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回は初めてのレッスンでしたので「ヒアリング」「フォームチェック」「ウォーキング基礎レッスン」を行いました。

■フォームチェック
一番気になったのは歩く姿勢で、上体が後に倒れている点です。

上体は少し前に倒れると、身体が前に進みやすくなり歩くスピードが速くなります。

身体の奥に軸を作り、その軸を軽く前に倒すイメージです。

■ウォーキング基礎レッスン
1.姿勢
よい姿勢を作ることから始めました。
お腹に意識を作ることが基本ですが、お腹に力が入り過ぎると動き難くなり、力が抜けすぎると良い姿勢がキープ出来ません。

このバランスが難しいのですが、力を入れ過ぎず、身体の奥の軸を意識できる感覚を見つけてください。

(1)お腹の意識を入れるエクササイズ
 ①立ち姿勢を作ります
 ②お腹全体を凹ませます
 ③丹田に意識を置きます
 ④一旦リラックスします
 ⑤上記②~④を3回繰り返します

(2)身体の奥に軸を作る
 ①立ち姿勢を作ります。
 ②お腹全体を凹ませます
 ③丹田に意識を置き、意識を鳩尾に伸ばします
 ④踵を上げ下げし、下げた時に、丹田・鳩尾の軸で衝撃を受けます
 ⑤足踏みに切り替えます
 ⑥前に軽く倒れる意識で歩き出します

2.体幹の動き
お腹は軸にする部分ですが、上半身の肩甲骨、下半身の骨盤は動かす部分です。
まずは上半身を動かす意識を入れました。

上半身は腕を振るのではなく、肩甲骨を動かすイメージです。

更に上半身のみぞおちから上だけを動かせると下半身の動きとメリハリが出来て綺麗なウォーキングに見えます。

■スピードアップ
ウォーキングのスピードを上げるには
・ストライドを伸ばす
・リズムを速くする
を組み合わせます。

ストライドを大きくするには上半身の動きを大きくするのが良いです。
足の歩幅を無理に大きくすると全体のバランスが崩れます。

リズムを速くするには体の軸を軽く前に倒す意識をします。
軸が前傾すると自然に足が前に出て、着地は体の下に置くと更に前に倒れます。
これをリズム良く繰り返すことでリズムが速くなります。
このレッスンノートを書いたコーチ

90→61kgまで減量!正しく歩いて健康への第一歩を踏み出しましょう

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回も600m,600m,600m,500m,300mを走りました。 無理をしないで運動習慣を継続していきましょう。 きつければ距離を短くしたり、ウォーキングにしても良いと思います。

レッスンお疲れさまでした。 今回も600m,600m,600m,500m,300mを走りました。 無理をしないでその日の調子に合わせて走っていきましょう。 継続することが大事です。

レッスンお疲れさまでした。 今回は少し走る距離を増やし 600m,600m,600m,500m,300mを走りました。 やはり健康管理の為にも毎日の体重測定は大事です。 基本的には変化の無いことが望ましいです。 意図して減らした場合は相応分が減っていると良いです。 意図せず...

レッスンお疲れ様でした。 今回も、600m、500m、500m、600m、300mで計2.5kmを走りました。 運動習慣を継続させていきましょう。 健康管理のために、毎日の体重計測をおすすめします。 基本的に体重は変わらないのが健康な証拠です。 食べ過ぎや運動不足で体重が...

レッスンお疲れさまでした。 今回は雨が降ってきたので、屋根付きデッキでウォーキング中心のレッスンにしました。 上り坂をランニングにしましたので、少し負荷があがりました。

レッスンノート ページ先頭へ

ウォーキング情報

サイタのウォーキング講師がブログを通して、ウォーキング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!