サイタ音楽教室ボイストレーニング教室 宮城 氷水ボイストレーニングスクール レッスンノート 技術の基礎となる部分

技術の基礎となる部分

ボイストレーニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!
誠実そうなお人柄、とても親しみやすくお話させて頂きありがとうございました!また共通する代謝の良さに思わず親近感が湧きました。お話を聞いたところチャレンジしてみたい事はまだまだありそうな予感がします。目標があった方が成長は早いものです、一緒に頑張っていきましょう!

以下、レッスンで行った事の覚書です。
練習の参考になさって下さい。


【準備運動】
1.4つのポイントを巡りながら首回し
前後左右の首筋が伸びる場所を意識して行いました。
左に2回、右に2回、ポイントを巡りながら回す事を意識すると筋肉解れます!

2.肩甲骨を動かすイメージの肩回しを外回り内回り5回ずつ
肩を開くときは脇が90度開くところまで腕を上げて回すのがポイントです。肩甲骨を動かすイメージで大きく回しましょう。

3.首喉マッサージ×2
首と肩の筋肉を解したら肩から上の血流を良くしましょう!両手3本の指で首の後ろの骨部分を髪の毛の生え際~首の根元まで指圧するように押しながらマッサージ、もう解れたかな?と感じたらぐーっとリンパを押し流すように鎖骨へ指を滑らせました。


【発声練習】
1.母音の「あ」でドレミファソファミレド
芯があって力強くも繊細さが素敵なテノールのような甘い歌声をお持ちですね。今は原石ですが磨いていくと人を惹きつける良い声になるでしょう、聴く事が出来て幸せです。
体験レッスンなのでまずは声質を、と思ったのですが思わず聴き惚れてしまう声でした。
声の出し方に不安はあるかと思いますが、人前で歌う時は発声法よりもまずは羞恥心を捨ててどれだけ自分の声を出せるかが大事になってきますのでその気恥ずかしさを取っ払いました。


2.母音の「あ」でファミレドレミファ
こちらも一緒に声出しを行いました。気恥ずかしさも薄れて1つ目の発声練習よりもしっかりと声を出していましたね、その調子です!お手本として一緒に歌っていましたが、私の声はかき消してOKです!
声の通りを良くするという事で声をどこに当てながら出せばよいか少しやってみました。

ポイントは鼻に響かせる事です。
高音→頭蓋骨に響く
中音→鼻に響く
低音→胸に響く

声が響きやすい体の場所は音の高さによって変わってきます、今回は中音域で鼻を響かせる場所をお教えしました。
上を向いて鼻で呼吸した時に温かい空気と冷たい空気が行き来する場所が声の響きを当てたい場所。眼鏡をかけた時に鼻あてが当たる窪んだところに指を当ててハミングを鳴らしました。
その時にビリビリ振動していたのはご自身でもお分かりになったかと思います。その部分にハミングから母音の「あ」にかけてビリビリさせながら歌ってみました。
喉6割、鼻4割位の響き方ではありましたが、最初から鼻に響かせられるなんて素晴らしいです!完全に鼻にだけ響かせられるようになると喉に無理な振動をかけずに声を出せるようになるので歌っている最中に喉が痛くなったりする事もなくなります。
少しずつ響きの場所を掴んで声の出し方を変えていきましょう!


【ブレスコントロール】BPM:60
声の流れはブレスコントロールにあり、声にビブラートをかける時、オーソドックスなやり方はこのブレスコントロールでかける事ができます。他にも応用が利くようになりますのでブレスを整えていきましょう!

■ロングトーン
1+3
1+7

<息の吸い方>
1.腹式呼吸
息の吸い方で有名な方ですが、深い呼吸をする方法としてヨガ等でも取り入れられているお腹に空気を溜めて呼吸する方法です。
歌も最終的には腹式呼吸で歌えるようになるのが理想ですが、深い呼吸となるため歌を歌う際に素早く息を溜めるのは結構苦労します。
まずは次に説明する胸式呼吸で慣れてから徐々に腹式呼吸へ変化させていきましょう。

2.胸式呼吸
あまり耳馴染みがないかも知れませんが、水泳の呼吸法として有名です(水泳も腹式呼吸と胸式呼吸どちらが良いか賛否両論あるようですが、最終的には自分の体に合う呼吸法が一番です。一緒に探していきましょう)
空気はまず肺に入るもの、息を吸ったらレントゲン写真を撮る時のように肋骨を開きます。その際、おへその下、下腹部が自然と押されるように力が入ると思いますがその部分が歌で使いたい腹筋(支え)になるので覚えておきましょう。
肋骨を開こうと思うと肩に力が入ってしまうので絶対に肩に力を入れないことがポイントです。
息を吐き出す時は肋骨が痩せない(しぼまない)ように息を吐き出します。
腹筋にしっかり力を入れ続けないと肋骨がしぼんでしまい腹筋が使えていない状態となり歌う時に声が変に震える原因になります。しっかりキープしましょう。

レッスンでやってみたら実際に胸式呼吸のコツを掴んでいらっしゃいました!素晴らしい!
教えてすぐに出来る事はでないのですが体の使い方のセンスがおありですね、使いこなせるようにしていきましょう!


今回は体験レッスンという事でボイストレーニングの内容に特化した形で行いましたが、本レッスンに入ってくると実際に歌いながら歌唱指導も行っていきます。
様々な方法で歌をアプローチしていきますので楽しみながら学んで頂ければ幸いです。
このレッスンノートを書いたコーチ

声楽専攻のコーチが貴方の声を分析!自分を好きになるきっかけをボイトレで

目的・種類別にボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習を探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! レッスンで行った事を簡単にまとめましたので参考になさってください。 【準備運動】 1.首回し 2.肩回し 3.首喉マッサージ 【発声練習】 1.母音の「いあ」でドレミファソファミレド 声出し+声を柔らかく出す練習に行いました。体を解すの...

レッスンお疲れ様でした! レッスンで行った事を簡単にまとめましたので参考になさってください。 【準備運動】 1.首回し 2.肩回し 3.首喉マッサージ 【発声練習】 1.母音の「あ」でドレミファソファミレド×2 朝一で声を出す時に一番注意しなければならない事は、...

レッスンお疲れ様でした! 記載、大変遅くなりました。簡単にまとめましたのでご確認ください! 【準備運動】 1.首回し 2.肩回し 3.首喉マッサージ 【発声練習】 1.母音の「あ」でドミラソファソファミドミソミド 出だしの声は柔らかく声帯を緩めながら身体を起こすよう...

本レッスン1回目、ありがとうございました。 お仕事もありつつご自身の成長の為にしっかりと学ばれているお姿に私も色々なことにチャレンジしなければなぁと感じました。 これからどうぞよろしくお願い致します。 以下、レッスンで行った事の覚書です。 練習の参考になさって下さい。 【準備...

レッスンお疲れ様でした! 記載、大変遅くなりました。簡単にまとめましたのでご確認ください! 【準備運動】 1.首回し 2.肩回し 3.首喉マッサージ 【発声練習】 1.母音の「あ」でドレミファソファミレド×2 2.母音の「あ」でドミソミド(強い声練習) ┗声の出し...

レッスンノート ページ先頭へ

ボイストレーニング情報

サイタのボイストレーニング講師がブログを通して、ボイストレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボイストレーニングの先生

@VoiceCyta