サイタ音楽教室ボイストレーニング教室 神奈川 MIRANO ボイトレ 講座 レッスンノート レッスン本格始動

レッスン本格始動

ボイストレーニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験の初回、横浜ビッグエコーにて、はじめまして️の1時間、紹介、説明、受講者の希望、目標を伺い、デモンストレーション的にレッスンの形式を披露と実践。
そこから、次のレッスン→コートダジュール→を予約。
1時間のレッスンを行いました。
(内容はレッスンノート提出)
7月29日 土曜日 10時
コートダジュール 東戸塚
90分のレッスン

受講生Oさんの目標
「通っているカラオケ教室の大会での『優勝』を目指す」
に近づき、叶える、というサポートをします。

まずは、良い発声をするためのコンディションを整える、身体のリラクゼーション。
身体を解し、温め、良い発声の為の準備。
(Oさんに予め、前回のコンディション調整の動きを一通りやって良いかを確認→90分にしたので是非やってください、との事でフルで伝授)
︎顔の筋肉ほぐし、マッサージ
︎リップトゥリル(唇の振動)発声、さらにそれをしながら首回し。
︎巻き舌発声をして首回し。
︎アキレス腱伸ばし、前屈、後屈、左右に屈折→呼吸法と共に
︎膝回し
︎腰回し
︎肩回し

発声
︎リップトゥリルをしながらスケールを
︎スタッカート、レガートで、発声
︎音楽に合わせ、腹筋強化の為のショートブレス→ハードなレッスン
︎あ行の発声
か行の発声
︎ファルセットからベッドボイスへのチェンジ法
︎ロングトーンレッスン

歌、実践

前回の二曲「流氷子守唄」「神楽坂」に加え、
アリスの「砂の道」を実践。

前、二曲は、かなり自分のものになっているが、「砂の道」は、フォークソング色が濃い歌だが、演歌の癖で歌ってしまうので、演歌になってしまい、演歌の意識を捨てて歌ってみることにトライ。
次回にも引き続きトライ。

得意曲「流氷…」は、終盤への盛り上がりをアドバイス。
その後、意識的に実践すると格段に良くなった。
→録音機聴き比べる→本人も違いを実感。

︎滑舌レッスン プリントを見ながら滑舌レッスンを、リズムに合わせ実践。


クールダウン、終了。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロシンガー歴30年、講師歴15年!美しく発声できるコツは声帯にあり

目的・種類別にボイストレーニング(ボイトレ)教室・発声練習を探す

新着レッスンノート

体験レッスンでは、お互いの紹介、希望、方針などを話し、ざっと、概要を説明し、1時間の間に、ボイトレ、ご自分のトライしている曲の実践をしましたが、 本格レッスンでは、90分という時間があるので、より良い発声のための身体作り→ウォーミングアップ→ほぐし→身体を温める→からしっかり実践しました。 ...

歌は、初心者、というレベルで、最近三線を始め、それに合わせ歌えるようになりたい、という事前情報の生徒さんでした。 カラオケボックスが会場ですが、キーボード持参で伺いました。 通常のボイストレーニングでやるように、ウォーミングアップ️顔の筋肉ほぐし、顎の付け根のマッサージから始まり首回し、...

今迄興味のなかった、カラオケの点数を上げてみたい、と真剣に思う様になった、という事で、この講座の体験を申し込み頂きました。 通常レッスンでみなさんに教えるように、声帯のしくみ、ウォーミングアップからの声出し、からスタートしました。 そして受講生さんの歌を聴かせてもらいました。 新沼謙...

レッスン当初から目標としていた、カラオケ大会の入賞→レッスンを受けて一度入賞→のさらに上を目指し、鳥羽一郎の歌を再三に渡りレッスン。 ただテクニックに頼るのではなく、感情も入って良い感じになりました。 本番で、この調子が出たら間違いなく入賞すると確信しています。 次回は、力の抜き方...

歌を上手く歌いたい、との希望を聞いていました。 学生→高校生→で、バンドを組んで歌っているのかな、と予想しましたが、バンドはやっていませんでした。 自己紹介がてら、好きな歌のジャンルなども聞いて、声帯のメカニズムなど説明し、レッスンに入りました。 身体のほぐし、ストレッチ、肩廻し、膝、腰...

レッスンノート ページ先頭へ

ボイストレーニング情報

サイタのボイストレーニング講師がブログを通して、ボイストレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボイストレーニングの先生

@VoiceCyta