音楽教室ボイストレーニング教室レッスンノート 【体験レッスン】

【体験レッスン】

ボイストレーニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。とても明るい方で、緊張されている様には思えなかったのですが如何でしたか?
いくつかの日常でもあるであろう癖をご指摘させて頂きましたので、それを踏まえて体験レッスン内容を明記しますので復習してみてくださいね。

・ディスカッション
・呼吸法、立ち方
・発声練習2種類(レ♯からソ♯まで出るようになりました)
・楽曲「恋は焦らず」2回歌唱(2回目はキーを上げました)

【癖】
・歌う時に天井を見るくらいに顎を上げてしまう。これは非常に見た目的にも歌唱法的にも良くありません。後半、指摘したら直ってきました
・呼吸する時、歌う時にずっと口が開いたままになっている。これも見た目もそうですが呼吸法を習うと直ってきますので口を閉じる癖を付けていきましょう。
・歌う際の恰好。カッコよさの見出し方は人それぞれですが、もっと良い出し方があると思いました。洋楽を歌うのもそうですが、目線が下に行きがちだったのが多かったように思います。せっかくステージに立つ機会があるので、習った呼吸法から全てに通じる「前を向く」という事を身体に覚えこませていきましょう。

【楽曲について】
・いわゆる「抑揚」を付けて行けばもっとよくなります。現段階では、良く言えば「無難」、ストレートに言えば「一本調子」です。しかし、さすが歌い慣れていますね。
バンドメンバーの方と話し合いをし、「自分はこう歌いたいんだ」と抑揚について話すとバンドの相乗効果が生まれてかなり良い楽曲に仕上がるものです。
それにはまず、歌い手のあなたがリーダーシップをとりこの歌を歌いこむ事ですね。
英語の発音も、慣れているからこそ流れてしまっている部分がありますので、歌をよく理解して「この歌の言いたい事の単語を強く発音してみる」等、ご自分なりにやってみるのも良いと思います。

体験レッスンではここまでです。お疲れさまでした。
このレッスンノートを書いたコーチ

フェリス音大声楽科出身、現役の女優!初心者~上級者まで大歓迎

ボイストレーニング教室NAYUKI
名雪佳代 (ボイストレーニング)

渋谷・溝の口・学芸大学・都立大学・自由が丘・駒沢大学・二子玉川・二子新地・等々力・新...

レッスンノート ページ先頭へ

ボイストレーニング情報

サイタのボイストレーニング講師がブログを通して、ボイストレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボイストレーニングの先生

@VoiceCyta