音楽教室ボイストレーニング教室レッスンノート リップロールで音の方向を意識しましょう

リップロールで音の方向を意識しましょう

ボイストレーニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!

ブレストレーニングでは前回よりリラックスした状態で、細く長くコントロール出来ていました!

リップロールはもう少し息漏れのない音を目指しましょう!
そしてリップロールをする時は音を出す位置(高低)を意識しましょう、音が高くなっていく時に上半身が一緒に持ち上がらないように、へそ下に重りをイメージして下さい!
ファルセットを発声する時も息漏れしないように注意しましょう「ギィ」や「グゥ」で練習してみてください!

オリジナル曲は全体的に力が入ってしまっていて、硬い音になってしまっていて高音が上がりきらない原因になっています。
音は点をイメージしてそこに狙って出します!
たくさん息を使わないように注意してください。
鋭く遠くをイメージして、頭のてっぺんを抜けるよう息を出してみましょう!
始めはできるだけテンポを落として、同じところを楽に歌えるように繰り返し練習することが大切です!
サビで転調するところはとくに繰り返し練習してください!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゴスペルアウォーズ2004最優秀賞受賞!自分に合う歌い方が見つかるレッスン

レッスンノート ページ先頭へ

ボイストレーニング情報

サイタのボイストレーニング講師がブログを通して、ボイストレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボイストレーニングの先生

@VoiceCyta