サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 東京 ボーカルスクール・RISA レッスンノート 呼吸を通してお腹周りの使い方

呼吸を通してお腹周りの使い方

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

まずは、呼吸を通してお腹周りの使い方を練習しました。

1つ目は、BPM73の速度で「スッスッスー」と息を吐き出す練習から。
前回に比べ、だいぶ、余分な力が抜けてきたように思います。
しっかりとお腹から息が出てくれば、意識をしないでも勝手にお腹が動いてくるようになるので、その段階を目指して行きましょう!!
息を吐き出すたびに口を閉じて息を止めず、お腹の位置をニュートラルに戻すことで
2つ目はBPM95の速度で「スー」と7拍間息を吐き続ける練習。
こちらは、息がなくならないようにコントロールしようとしすぎてしまうと、反対にどんどん苦しくなってきてしまいますので、「息はなくなってもいいので、たっぷり流す」という意識にしておきましょう。喉仏に指を置き、喉仏が下にある状態がキープできていればバッチリです!
3つ目は、BPM73の速度で、「スーハースッ」と息を吸ったり吐いたりする練習。こちらは、息を吐きながら手を遠くに伸ばし続け、息を吸いながら手を体の方に引き寄せ続けるという動作を一緒にするようにしましょう。視覚的に自分の息の流れだったりお腹のうごきを見ることが一番わかりやすいと思います。手の動きでタイミングがつかめれば、呼吸のタイミングをつかむことがぐっと簡単になりますので、頑張ってみましょう!!ポイントは、息の吸い終わりで息を吐き出し始めることです。息が一瞬でも止まらないように気をつけましょう!
また、リップトリルの練習も継続して練習してみてください(^ ^)

発声練習は exercise CD の 2つ目まで進みました。
1つ目のスケールは、全て「イ」の母音で行いました。前回に比べ、出だしが自然になりましたね!今回はピッチにこだわって練習して行きました。高い音がしっかりと無理なく出ていけるように 音を後ろに持っていくイメージを持ちましょう。音を前へ前へ出して行こうとすると、どうしても喉が締まったり鼻声になってしまったりするので、最初の 呼吸の練習で使ったお腹で しっかり息を流してあげながら、音を出して行くようにしましょう!
2つ目のスケールは、今回初挑戦でした。音が高くなるに従って 喉はどんどん締まってこようとしますし 音もどんどん上がりにくくなってきます。それを阻止するのは、ここでもやはり息の量とお腹のサポートになります。ということで、ここでは、姿勢に特化しました。なるべく、下腹の丹田が体の中心にあるという状態をキープすると、息の量に合わせて脇腹が徐々に広がっていくようになり、しっかりとお腹から息が送られるようになります。少し意識を姿勢に向けて、腰で体をささえてしまっていないか、肩や首で体を支えていないか注意しましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

ハリウッド仕込みの本格ボーカリストが、確実に歌唱力UPするコツ教えます

新着レッスンノート

今回も身体の使い方から確認していきました。 毎回のルーティンではありますが、少し流れ作業のようになってしまっている部分があるので どうして この練習が必要なのかということをしっかりと確認しながらできるといいと思います。 発声練習は 高音部は 半音ずつ4音 上がるスケールと 下がるスケー...

今回も 呼吸と 身体の使い方から確認しました。 短く切るブレスの時に どんどんリズムが早くなっていってしまうので 落ち着いて練習するようにしましょう。 速度120で息を出す練習は、短く切ること、お腹を使うことができてきたら 響きを見つけることも意識しましょう。 課題曲は ブリッジ部分...

今回も呼吸の練習から行いました。 リップロールなどの ロングブレスの時に 出だしが安定しないので 最初からしっかりと芯のある音を出せるようになりしょう。 次に 発声練習をしました。上りも下りも同じ感覚で 喉の奥をしっかりと開いたままで音程を変えられるようにしましょう。 とにもかくにも...

今回も呼吸の練習から行いました。テンポを間違えて設定していたようなので 必ず正しい速度で練習するようにしましょう。メトロノームにしっかりと合わせて息を出せるように心がけましょう。 ロングブレスの方は、出だしから芯のある音が流れていけるようにしましょう。 スタッカートの短い息は 音程が高...

いつものルーティーンの呼吸練習はすごく良くなりました!練習の成果が出ましたね☆ロングブレスの時に、最後の部分をしっかりと息を吐き切るようにしましょう! 声と同時にお腹を動かす練習もしてみました。しっかりと出来ているときには、音の長さや音量が均一に揃ってきます。これは レッスンの中で度々確...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta