サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 北海道 MusicCrossボーカル教室 レッスンノート リズムの取り方

リズムの取り方

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日のレッスンで課題になった部分は,リズムの刻みが比較的難しい部分でした。リズムは歌いながら実際に身体を動かして感じていくことが重要です。
歌詞のどの部分を拍に当てていくのかを正確につかんでいくことで修正される部分がありますが,それでもうまくいかない場合はリズムを細分化します。
たとえば4拍子の曲であれば,8つに分割してリズムを取っていくと,わかりやすくなっていきます。
今日の1番の部分は,少しずつつかんできているように思いました。あまり時間を空けすぎずに繰り返していけると良いですね。
このレッスンノートを書いたコーチ

教師歴30年!合唱交流使節団の指揮者として渡欧・渡米の経験も

新着レッスンノート

歌うということは,話すことに比べて,喉や身体をまるでサーカスのように使います。ですから,今回はまず大きな声をはっきり出すところから取り組ませていただきました。最初は口の形に迷いがありましたが,繰り返すうちに自然に口が開いてきて,お腹の動きもしっかりしてきましたね。 また,牛の声を真似たり,も...

体験レッスンお疲れさまでした。 とても意欲的に取り組んでくださり,私も気持ち良くレッスンを進めさせていただくことが出来ました。歌を上手く歌うためには実に様々なことが関わります。呼吸法や声の響きのコントロールはもちろんですが,仮に正確に歌えたとしても人の心を動かす歌にはなりません。歌詞に描かれ...

今日のレッスンで課題になった部分は,リズムの刻みが比較的難しい部分でした。リズムは歌いながら実際に身体を動かして感じていくことが重要です。 歌詞のどの部分を拍に当てていくのかを正確につかんでいくことで修正される部分がありますが,それでもうまくいかない場合はリズムを細分化します。 たとえば4...

 今日は久しぶりに発声のことにポイントを絞ってのレッスンでした。「3つのア」で太い「ア」を作って喉を開き,そこから発声することで,低い音域から高い音域までよい響きの声が出せるようになることを,少しだけ感じていただけたと思います。  今回のことを気にしながら歌を練習していくことで,伸びのある声...

今日は1番のくり返し練習でした。音程は少しずつ正確さを増してきていますね。リズムはもう一息でしょうか。さて,今日は後半で低い音の声の出し方についてお話しさせていただきました。単に正確に歌えるだけではなく,これからは少しずつ「どんな声で歌うのか」についても考えていきたいですね。 また、次回のレ...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta