サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 大阪 楽しむボーカルトレーニング教室 レッスンノート 胸式呼吸から腹式呼吸へ

胸式呼吸から腹式呼吸へ

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

まずはストレッチをして体をほぐしてからのジャンプ。舌の運動。

準備が整ったところで声のチェックでワンコーラスを歌ってもらう。高音のところが喉を使っていて苦しそうだったので腹式呼吸になるように指導。

胸に息を入れるのではなくお腹に息を入れる、お腹を膨らます感じでキープ出来るようにやり方を指導。

胸が上がると胸式呼吸になってるので胸を押さえながら上がらないようにしてもらう。体の重心が上の方だったので下になるように腰を落として歌ってもらって普通に立って歌ったときとの声の出し方がどう変わったかを確認してもらう。

だいぶ楽に声が出せるようになってきたので次は音程のチェック。らーで歌ってもらい音が合ってるかを確認。大体合っていたので言葉で歌ってもらうと音が取りにくい感じがしたのでもしかしたら取れないと思ってるではないか?と聞くとその様でイメージトレーニングをするように指導。

息継ぎをあまりしていないように見えたので息継ぎをする瞬間に合図を出し隣で一緒に歌い息継ぎの大事さを伝えた。
このレッスンノートを書いたコーチ

上手にではなく、楽しく!マニュアル嫌いの先生が、独自の視点でレッスン

新着レッスンノート

ストレッチ、声出し、リップロール、お腹を使って声を出す練習。 マイクを近づけたり遠ざけたりすることで楽に歌えることを知ってもらう。 マイクのトップに声が乗る持ち方を指導。 小さな声で語りかけたいフレーズはマイクをかなり近づけてほとんど声を出さず、声を張りたいフレーズはマイクを...

ストレッチ、声出し、低音から高音の発声、リップロール、息を短く吐いて吸う練習。 カラオケの音とマイクの音の調節の仕方。 高音を出す時は出す音よりも高いイメージを描いてから声を出すと出したい音になりやすい。 AメロやBメロで声を軽く出すところはマイクを近づけてほとんど声を出さず...

ストレッチ、リップロール、声出し、低音から高音の声出しをア~とエ~で。 出だしが高音で始まる曲なので、フレーズの直前で息を吸うことを指導。 ブレスの位置を感覚でわかってもらうためにリップロールでワンコーラス歌ってもらい、続けてワンコーラスを普通に歌ってもらってブレスの位置がわかれば...

ストレッチ、舌を出しながら声出し、その時肩を上げて息をしないように指導。リップロールで息を前に長く吐く練習。 今回のレッスン曲はキーが高いので声出しもキーを上げて高音が出るように指導。 最初からアクセル全快で歌うのではなくAメロBメロは力を抜いて言葉を転がすようにサビに向けて徐々に...

ストレッチ、声出し、肩が上がらないようにするために爪先立ちをして、そのあと降ろして重心が下にくるようにしてからエ~で声出し。 リップロールで息を吐きながらお腹をへこめていって息を吐き切ると力を抜くことで息が勝手にお腹に入ることを感じてもらいながらリップロールをしてもらう。 今回は息...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta