サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 大阪 LIVEボーカル教室 レッスンノート 裏声の練習!

裏声の練習!

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!
今回は少し歌を聞かせていただいて、主に裏声のトレーニングを行いました。

・ふくろうのマネで息もれのある裏声で「ホ~」
・オペラ歌手のように太い裏声で「モァ~」
・純粋な裏声(ほぼ息、2,3秒しか続けられないもの)

いずれも自然と出しやすい音域があったと思います。
楽に大きく出せているときの喉の状態をなるべくキープしながら
(張り上げたり、締め付けたり、息を極端に強めたりせずに)
最高音、最低音まで丁寧に出していきましょう。

レッスンでもお伝えしましたが、特に低音の裏声を鍛えていくことは
歌ううえでとても重要です!
小さい音でもいいので、地声にならないように、できるだけ低いところまで頑張ってみてください!
だんだん神経回路がつながってきて、コントロールできるようになってきます!

あとは
・空気でうがいをして喉をゴロゴロさせて、
 なめらかに実声につなげていく練習
をやりました!
つなげていく中で、エッジ感のある、歪んだ声になる瞬間がありましたね!
今回はあくまで軽い紹介でしたが、土台となる声が出来上がってから
また今後、エフェクターのように足してコントロールできるようにしていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

バンドのギターボーカルとして活動!唯一無二の個性感性を最大限伸ばす授業

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 今回は声の出る仕組みや地声と裏声の話、バンドの話など色々しましたね! バンドのカラーと、自分のボーカルとしてやりたいスタイルのバランスをどうとっていくかは難しいところだし、メンバーさんとの相談が重要ですね(´ω`) 発声に関してはスタイルに関わらず も...

レッスンお疲れ様でした! 久しぶりでしたが、今回、終始いつもより落ち着いて歌をコントロールできていましたね! 今日は今まで練習してきた曲の復習ではありましたが、 →メロディや歌詞を追うことにいっぱいいっぱいにならず余裕が出てくる →新しく、口の中の空間を広くすることを意識する →...

レッスンお疲れ様でした! 今回は久しぶりということで、ザザッと今までの復習をしましたね(´ω`) 深く考え過ぎたり構え過ぎずに歌えたのがリラックスに繋がって、全体的に力みが少なく歌えていました! 最後の方に少しふれた、「お」、「え」の母音についても それとなく意識してみると、よ...

今日もレッスンお疲れ様でした! 今回の基礎練では 喉仏を下げた太い裏声で「フー」 オペラ歌手のような、強く太い地声で「モァー」と出しました。 この練習のポイントとして、 ・クリアなトーンを保とうとする 喉(のどちんこあたり)が狭くなってザラザラとしたノイズを出さない ...

レッスンお疲れさまでした! 今回はフクロウの裏声、鋭く平べったい地声の練習と、 アンサイズニアをゆっくりから段々早くしていく練習をしました! 声はしっかり出ていましたし、硬く鋭い地声でめちゃめちゃ楽に響かせることが出来ていました! その声帯の締まり具合を、歌に使えるようになってくる...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta