サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 喉開ける発声、ヘッドボイス、高音声域チェック

喉開ける発声、ヘッドボイス、高音声域チェック

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
呼吸法
ストレートで、4拍吸って8拍吐きました。
スタッカートでhe

発声
喉開ける発声意識しました。
指を入れて、触れる事なく息がかかる事を確認しながら裏声の音域までキープしました。

ヘッドボイス
口角もあげていって、響きのポジションをつりあげていきました。
歯見せるイメージです。

声域チェック
上2オクターブ上のド♯まででました!
以前やっていた曲「ブルー」の高音歌いました。
口角あげてヘッドボイスへまわしていき、歌うことができました。


課題曲「I love you」

Aメロ
高音へのジャンプ、しゃくりではなく上から置くように入りました。タイミング遅れないように。

Bメロ
「泣いても」高音上げてヘッドへまわしました。

サビ
リズムハメて歌えるように。「love」頭でインのリズムです。

2A
「答えは」た で喉しっかりあけて、高音はどこにもぶつからないように通り抜けるイメージ。

2B
「よね」裏声へきれいに抜けていました。
「さえ」ピッチ下がらないように。
「思い」い でヘッドへ。
「どぉぉかぁぁ」入るタイミング数えました。

落ちサビ
内緒話のように、喉は開けてしっかりしゃべって発声。響きは留めて。

大サビ
「だけ 奪ったまま」喉開けてしっかりと出しました。
「さよならをーつげて」譜わりとタイミング確認しました。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・牛込神楽坂

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta