サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 神奈川 R.L.D. Vocal School レッスンノート 腹筋と背筋、表情筋は別の役割

腹筋と背筋、表情筋は別の役割

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は課題曲も決まり、これからは発声強化しつつ課題曲から色々なものを吸収してテクニックを身につけて行きましょう!
レッスンで説明しました通り、腹筋や背筋はお腹のポンプを膨らませたりへこませたりする為に使い、声量を上げる為の大事な武器ですので、宿題を実行して鍛錬を積んで下さいね(^-^)
表情筋や口の開きは微妙な音の高低差を付けたり、限界時のひと絞りにも使われます。
勿論、腹式に階段をイメージして音階を上下させるのが主体です。
首から上と、首から下は別の働きをしつつ、相互のコンビネーションで幾つもの歯車が噛み合うと声量があり響きのある声が生まれます。
どうしても歌が話す時と同じになっているので、母音を意識して歌うことを心掛けて下さい。
一度に幾つもこなすのは難しいので、先ずは腹式の吐き方とブレスの緩急、表情筋を使って口を開くこと(母音)を意識して鏡を見ながら練習して下さい。

・選曲
・発声練習
・課題曲の練習
このレッスンノートを書いたコーチ

作詞家の世界観まで表現!趣味~オーディションでの発声をサポート

新着レッスンノート

昨日は遠くまでお越しいただきありがとうございます。 基礎からじっくりやって、声量アップ、フラついてる部分の音程に少し芯が出て発声出来て驚いてましたね。 腹式の重要さは体感されたことと思います。 耳で聴いた音と実際に発声している音の誤差はご自身でも気づいてますので、繰り返してやった起点にな...

今日はお疲れ様でした。 地声と歌声のギャップは武器になるかと思います。 お話しました通り声量が少なく、音程のダイナミズムに欠けますので、持っている声域を活かすには日々の鍛錬、食事改善、レッスンをしっかり受けることは必須です。 皆さん、声優専門学校の特待生枠を狙って私のところで何年...

四月から音楽学校への転校、おめでとうございます! もうちょっと他の学校も調べた方が良かったけど、決意は伝わりました。 音楽学校を選んだこと自体は正解だと思います。 しかし音楽学校に入ったからプロになれるものではなく、オーディションやコンテストを経てデビューすることは忘れないで活動してね!...

以前より腹式が強化されて来たので、今日からもう一段ハードにしました。 確実にみんな声量アップの結果が出てる方法なので、しっかり続けて歌声に余裕を持たせて行き、ダイナミックに歌える様にして行きましょう。 あと作曲の件、自分なりのもので構わないので幾つかアイデアのモチーフをスマホの録音機能で構...

寒い中、お疲れ様でした! 歌のコントロールが出来始めてきていますが、まだファルセットが弱く腹式も弱いので、ある程度ハイトーンになってくると声痩せしてしまいます。 コツは今日教えた通りですぐにコツを体現できるところは優れていますが、肝心の腹式がまだまだなので最高音が細くなるのは否めません。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta