サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 東京 Ryo's vocal school レッスンノート 腹式呼吸と腹式発声、距離感の発声、音域チェックなど

腹式呼吸と腹式発声、距離感の発声、音域チェックなど

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

基礎的なことから確認していくため、まずは呼吸法から行いました。

ろうそくの火呼吸法
ゆびを立て、そこに息を当てます。
まっすぐな息の流れで、一定の息の量で、1点を狙って吐き切りましょう。
吐ききるときに腹筋に力が入るのを感じましょう。

発声
音域チェック
上は2オクターブ上のレ
下も1オクターブ下のレまで、3オクターブでました。
初めに来たときよりも1オクターブ以上多く出せるようになりました。
音感もよくなって、正しいピッチをキープできていました。
音程をとるために、余裕のある中音も裏声のような発声になってしまっているので、腹式でしっかり飛ばす発声を目指していきましょう。

距離感の発声
高音へ
だんだんと遠くに、息の流れは細く長く集めて発声していきましょう。
自然な腹式発声がつくれます。

低音へ
距離感は一番遠いところのままキープして、遠くのまま息を太くするように発声しましょう。
下がるときにも腹式発声を意識して、安定した発声を目指します。

ピッチ
狙った音を発声できるよう、音は上から着地させるように発声しましょう。


課題曲「ダイヤモンドクレパス」
まずは一度歌ってもらいました。
音程もきれいにとって歌えています。
サビの裏声にきりかえるところもきれいに歌えていました。
腹式発声にして、声量をだし、安定して歌えるようにしていきましょう。

「あ」の母音で喉の奥を開けて歌っていきました。
歌詞ではなく、決められた1音で歌うことで、メロディラインの動きも確認しやすくなります。

舌を出して「え」の母音で歌いました。
舌先に力が入らないように気をつけましょう。
余計な喉の力は抜いて、その分腹式で発声できるようにしていきます。

高音になるところを距離感遠くに意識して歌ってもらいました。
距離感遠くに、息をしっかり吐ききることで、自然な腹式発声を目指します。
ピッチが下がってしまうところは、さらに細く長く遠くを意識して飛ばしてみましょう。
交番の高音までは、高くてもレの音までですので、全て地声の発声をベースに歌うことができます。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 歌は身体と心が楽器です。 まずは自分の身体、心、自分自身を知ることで、扱えるようにしていきましょう。 呼吸は腹式呼吸を目指します。腹式呼吸のしくみも説明しました。 息がなくなるまで吐ききりました。 吐ききるときに腹筋に力が入るのを感じましょう。 発...

レッスンお疲れ様でした! 歌は身体と心が楽器です。 まずは自分の身体、心、自分自身を知ることで、扱えるようにしていきましょう。 呼吸は腹式呼吸を目指します。腹式呼吸のしくみも説明しました。 息がなくなるまで吐ききりました。 吐ききるときに腹筋に力が入るのを感じましょう。 発...

レッスンお疲れ様でした! 呼吸法から確認していきました。 呼吸法 ストレートでsuでできるだけ長く吐きました。体勢倒れないように、背筋伸ばしてキープしましょう。 リップロール 1オクターブで上へ下へ タングトリル 「オロ」「ルラ」ゆっくり→速く。1音ずつ吐いて発声していき...

レッスンお疲れ様でした! 呼吸法から確認していきました。 呼吸法 ストレートでsuでできるだけ長く吐きました。 リップロール 1オクターブで上へ下へ タングトリル 「オロロ」ゆっくりと1音ずつ発声して繋いでいきました。 発声 高音へ ポジションへ後ろでキープ。前...

レッスンお疲れ様でした! 呼吸法 ストレートで4拍で吸って8拍吐く。 健康骨を寄せて胸開いて呼吸量を自然に多くして吐き切るように行いました。 ドミドミ〜 吐、吸、繰り返し。 su、ha、テンポ速くしていきました。 発声 低音発声 胸骨甲状筋下げるように「お」、「う」で...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta