音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート オリエンテーション、音域チェック、腹式呼吸と発声の基礎

オリエンテーション、音域チェック、腹式呼吸と発声の基礎

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
基礎的なところから確認していきました。

呼吸は腹式呼吸を目指します。
腹式呼吸のしくみも説明しました。
指を立て、そこに息を当てます。
できるだけロングで吐き、最後息は吐ききりましょう。
吐ききるときに腹筋に力が入るのを感じましょう。
吐ききることで自然と新しい息を吸うことができます。

発声
ハミングで音をとりました。

音域チェック
上1オクターブ上のシ
下1オクターブ下のド
約3オクターブでました!
声量もあり、腹式発声を意識することで、高音も強くミックスボイスで発声できています。

高音へ行く時に喉をしめつけないようにしていくことと、狙った音を一発で発声できる音感を鍛えていきましょう。

ピッチ矯正
音は下から狙うのではなく、上から着地させるように発声しましょう。

距離感の発声
遠くの人に呼びかけるように発声していきました。
キーが高くなるほど、細く長く、遠くに発声していきましょう。
地声の限界、裏声に切り替わるチェンジボイスキーはレの音でした。

高音発声
高音は、前へ前へ飛ばす発声ではなく、
身体の縦のラインを意識して、上咽頭へ届くよう、バネを細く長く上下に引くようにイメージして発声しましょう。


課題曲「朝がまた来る」
AメロBメロ
レガートでつなげて歌っています。
きれいに滑らかに歌えていますが、リズムが遅れてしまわないよう気をつけましょう。
足踏みしながら歌いました。

サビ
高音も地声の音域までは距離感を遠くイメージして、細く長く息の流れをつくって発声しましょう。
更に上の音階、ヘッドボイスは、身体の縦のラインで細く長く引っ張るようなイメージで歌ってみましょう。


基礎的なところから理解して体現することで、しっかりと身につけ、わかりやすく伝えられるようにしていきましょう。
歌は心と身体が楽器です。自分自身を理解していくことが、上達への近道になると思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・下北沢

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta