サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 東京 ボーカル・スクール KANA レッスンノート 母音で伸ばして深く艶やかに

母音で伸ばして深く艶やかに

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!
台風の影響が出ずに無事レッスンが行えてホッとしています。足元の悪い中、お出かけくださってありがとうございました。
メロディーがしっかり歌えたので、新しい呼吸を使って表現力を磨きましたね。
声が伸びて、とても艶のある歌声になりました。メロディーの動きと歌声がリンクして、表現力が増しています。
このまま、今回練習したテクニックを駆使して「上手いっ!」と思ってもらえる歌に仕上げていきましょう。

〈初めの1音〉
メロディーの最初の音は、前奏に必ずヒントが隠されています。
一緒に探しましたね。
メロディーが始まる随分前に鳴っていましたが、その音を忘れないようにハミングで鳴らしておくと自信を持って歌い出せますよ。
ハミングに慣れたら、頭の中で鳴らす練習に変えていきましょう。

〈呼吸法〉
普段の腹式呼吸では下腹を意識していただいていますが、今回は、首から下が全て風船であるとイメージしていただきました。
・息を吸う時→首から下がプワ〜ンと膨らむ
・息を吐く時→お腹周り360度が均等に縮む
吸う息の量も吐く息の量も増えました。上手に呼吸を歌声に乗せる事ができています。
お腹だけでなく肺の周りも縮ませますので、喉や胸に必要以上の力が入らないよう、注意しながら息のコントロールを練習しましょう。

〈伸ばす言葉の母音〉
歌詞の最後の言葉を伸ばして情感の動きを出す時に母音を意識します。
「る」を伸ばす時は徐々に「う」に言い換える
「ら」を伸ばす時は徐々に「あ」に言い換える
唇の形を変えて口の中の空間を広く深くして、歌声の響きを増やすことが目的ですので、ちゃんと母音を発音しなければならないわけではありません。ご自身の目指す歌声になるように、工夫を続けていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

オペラ~アニソンまでこなす声楽家。恥ずかしがりやの方も気さくにサポート

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! ドラマチックな曲を原曲キーで歌うことを目標に高音域の発声をメインで練習しました。 高い声を歌う時に大事なことは2つ ・笑顔で大きな口を開ける ・勢いのある腹式呼吸を使う このコツをタイミングよくコントロールして使うと、喉が疲れずキーンとしない歌...

レッスンお疲れさまでした! 新曲の練習が始まりましたね。 発声練習と発音練習を中心にレッスンを進めました。 高音のテノール発声は、レッスンを重ねるたびに伸びよく発声できるようになってきて、個人練習の成果が発揮されていますね。 お手本の音源を聞き込んで、たくさん真似していきましょ...

レッスンお疲れさまでした! かっこいい曲に仕上がってきましたね。 前回のおさらいと発音の練習をしました。 サビの部分で原曲から1オクターブ下げた低い声で歌うアレンジをしたので、少し難易度が上がっていますが、レッスンでは上手に歌えていましたので安心してくださいね。 発音はかっ...

レッスンお疲れさまでした! 今回は新曲の音取りをしました。 同じメロディーでも歌詞の発音と動く音のタイミングが違う場所があるので、要注意です。 また、音源と楽譜でも違う部分がありましたので、その部分も迷わないように歌い込みましょう。 入りの部分の音を取るのが難しいですね。 ヒント...

レッスンお疲れさまでした! 充実した1時間でしたね。 どの課題曲も表現力が素晴らしいっ! 息漏れが個性として使える選曲ができていて、課題曲選びも上手です。 高音も良く伸びて歌えています。 が、息継ぎのタイミングは要注意です。 息継ぎをするために歌詞を発音しないのは、勿体無い...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta