音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート スタッカートとロングトーン、高音発声など

スタッカートとロングトーン、高音発声など

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
まずは呼吸法からです。
4拍吸って8拍で吐き切りました。
テンポゆっくりにして、腹筋にアプローチかけながら行いました。

発声
ハミングで音とりました。
ドミソドから高音へ
はじめ2音をスタッカート、うしろ2音をロングトーンで発声しました。
スタッカートは一息ずつ吐ききりましょう。
発声している時間は短いですが、ピッチが下がらないよう気をつけましょう。
ロングトーンは、発声した音を腹筋使ってキープしましょう。最後は息だけ斜め上へ吐き切ります。

高音は上咽頭に当てて響かせて発声しましょう。
息の通り道であるパイプを身体の中につくり、ピンポン玉がどこにも当たらずに上咽頭まであたるようにイメージします。
喉の奥を広げ、上咽頭へ当たったら、そのまま前へ飛ばしましょう。
高音になればなるほど、パイプは細く長く、上咽頭の箇所も上へ上へ意識しましょう。
この時腹筋抜けないように、マイクをお腹の前で握りながら発声しました。


課題曲「ライオン」
2番Aメロ
「だろう」「つらい」など、ロングトーンは、最後の音を正しくとって、そのままキープして発声しましょう。ピッチ下がりやすいので気をつけてください。

Cメロ
「ここにいる」上咽頭に当てるように、身体のパイプは細く長くイメージしましょう。

大サビ最後
「眠らない」
「ね」の音でピッチはあげておきます。
身体のパイプを縦に、バネをひくように引っ張って、「ない」で緩めることなくそのまま更に細く長く上下に引っ張りましょう。
上咽頭の箇所を意識して、そこに当ててから前へ飛ばしましょう。
Cメロよりも低い音です。裏声にしなくても、上咽頭にあてて喉をしめつけなければ地声で出せます。


転調したあともしっかり音程とれるようになっています。
地声でも高音の出し方をマスターして、歌いきれるようにしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・牛込神楽坂

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta