音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 距離感の発声と身体のパイプ、ブレスのタイミング、音の着地、母音の発声など。

距離感の発声と身体のパイプ、ブレスのタイミング、音の着地、母音の発声など。

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
まずは呼吸法からです。
4拍吸って8拍で吐き切りました。
腹筋にアプローチがくるまで、しっかりと吐ききりましょう。

発声
距離感の発声
高音に向かって、遠くに、息の流れは細く長く発声していきました。

低音発声
身体のパイプを広げていきました。
お腹、胸、喉、口、顔の響きと、下からだんだんと広げていきます。
ビルの階数1階から5階で説明しました。
手を開きながら、低音で、身体が横に広がるようにイメージしながら発声していきます。
下から繋がって同じ太さで広げていけるように意識しましょう。
高音へ向かうときにも、身体の中のパイプをだんだん細く長くしていくようにイメージして発声しましょう。


課題曲「travelling」
ブレスの箇所確認しました。
ブレスとブレスをつないだ1フレーズで一息使い切るように歌いましょう。

Aメロ
「baby」母音え
Bメロ
「night」母音あ
「up tight」母音あ
「guess I」母音あ、え
サビ
「travelling」母音あ
「baby」「care」母音え
母音あ、え、は口の中を開けて発声します。
開くスピードが遅くならないよう気をつけましょう。

また、高音部分、距離感をきめたら、そこへ上から置くように発声しましょう。

2番
Aメロ
「the way」言葉間違えないように。
Bメロ
「wanna」母音あ
「bad」母音あ 口開けて発声します。
ロングトーンは距離感内側に引かずに、前へ細く長く飛ばしましょう。腹筋でキープします。

3番高音部分でてきます。
次回高音の当て方やっていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・牛込神楽坂

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta