サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート スタッカートとロングトーン、高音発声など

スタッカートとロングトーン、高音発声など

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
まずは呼吸法からです。
4拍吸って8拍で吐き切りました。

発声
ドミソドから高音へ
はじめ2音をスタッカート、うしろ2音をロングトーンで発声しました。
スタッカートは一息ずつ吐ききりましょう。
発声している時間は短いですが、ピッチが下がらないよう気をつけましょう。
ロングトーンは、発声した音を腹筋使ってキープしましょう。最後は息だけ斜め上へ吐き切ります。

高音は上咽頭に当てて響かせて発声しましょう。


課題曲1
カラオケ音源確認しました。
3連符やブレスの箇所など、再度確認しながら歌っていきましょう。

ロングトーン前はブレス入れて、ロングトーンは腹筋でキープしましょう。

高音上咽頭に当たってきれいに響いています。
声量も乗せて歌えるように、当てたあとは前へ飛ばすように歌いましょう。


課題曲2
サビ
歌い出しから丁寧に、
1フレーズずつ言い切るように歌いましょう。
「くらい」1音ずつ置くように歌いましょう。
「あなたと」地声で距離感出して、響きあつめて飛ばしましょう。
「気がして」し で抜きの発声で歌いました。メリハリつけて歌いましょう。

Bメロ
「あなたを」
「孤独を」
高音の一つ前でピッチあげてしまいましょう。
はりあげず、上咽頭で響かせるように歌いましょう。

大サビ
しっかりと距離感出して歌い上げていきましょう。


高音きれいに響かせています。
腹筋つかって、前へ出していけるよう歌っていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

新宿・池袋・御茶ノ水・市ケ谷・水道橋・宇都宮・坂戸・牛込神楽坂

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta