音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート ビブラートを上手に使いこなすコツ

ビブラートを上手に使いこなすコツ

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!

歌うって、やっぱり楽しい!と、おっしゃっていただけて嬉しいです。歌うことって本当に楽しいし、気持ちがいいですよね。
その気持ちがあれば、どんどん上手になりますよ。前向きな行動力とセンスを活かして、これからも練習していきましょう。

<身体が楽器>
・腹式呼吸のお腹の動きは、息を吐いたらスリムになり、息を吸ったらポヨンと膨らむ
・笑顔で歌う
・お腹から上がった息が声帯で声になり、顔に響かせて眉間から虹を描くように前方向へ飛ばす。

これが上手に歌うコツでした。
身体を楽器としてコントロールすることが、歌うことです。内観能力が高いので、上手に歌えています。これからもその感覚を使ってコントロールしていきましょう。

<震える感覚>
ビブラートの練習は難しかったですね。
練習を続けるうちにビブラートのかかり方が強くなりました。果敢にチャレンジしてくださって、ありがとうございました。
・舌の付け根
・喉の奥、上顎の奥辺り一帯(口蓋垂)
この部分を最初は大きく、徐々に細かく揺らし動かす練習をすると、ビブラートがかかってきます。
見えない部分を動かして筋トレをするので、ご自身の身体の振動をよく感じてあげながら練習を続けることが大切です。

緊張したかもしれませんが、テンション高めの私についてきてくださって、レッスンを楽しんでいただけて嬉しいです。また一緒に歌えることを楽しみにしています♪
このレッスンノートを書いたコーチ

オペラ~アニソンまでこなす声楽家。恥ずかしがりやの方も気さくにサポート

ボーカル・スクール KANA
KANA (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・都立大学・自由が丘・駒沢大学

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta