音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 声は息によって歌になる

声は息によって歌になる

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 前回から少し日にちがありましたが,レッスン開始時点から「声が出てきたな」と感じました。声を出すことへの恥ずかしさや抵抗感が薄れてきたことと,体を使って声を出すことになれてきたのでしょう。「犬のまね」までやっていただいて恐縮です。でも,呼吸と声との関係がわかっていただけたと思います。
 「歌うたいのバラッド」では低音域の裏声(ファルセット)をつかんでいただきました。そうすることで,曲全体のメリハリがついてきて,自分が持っている声の良さも生かせるようになりましたね。
 「粉雪」では「声を選ぶ」ことを考えていただきました。「ア」という音が様々に変化します。その中のどの声を使っていくかによって,歌の印象が大きく変わります。
 これらのことによって「曲の聴き方」が変わってくることでしょう。たくさん聴いて,インプットしてみてください。きっと聴くことも以前より楽しくなってくるはずです。雨の中でしたが,お疲れ様でした。
このレッスンノートを書いたコーチ

教師歴30年!合唱交流使節団の指揮者として渡欧・渡米の経験も

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta