音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート オリエンテーション、音域チェック、距離感の発声など。

オリエンテーション、音域チェック、距離感の発声など。

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
歌は身体が楽器です。
まずは自分の身体を知って、どう使っていて、どう使えばいいかを考えていきましょう。

呼吸は腹式呼吸を目指します。腹式呼吸のしくみも説明しました。
息はなくなるまで吐ききりましょう。
吐ききるときに腹筋に力が入るのを感じましょう。
吐ききることで自然と新しい息を吸うことができます。

発声
音域チェック
ハミングで音をとりました。
身体の中で音を響かせて、しっかり音程を感じながらとれるようにしていきましょう。
くちをあけてmaの発声に変えていきました。中低音は音を迷うこともありましたが、高音になるにつれ、高い音は聞こえやすいこともあり音程も安定してとれるようになっていました。
上1オクターブ上のラ
下2オクターブ下のラまで、3オクターブでました!
とくに低音がしっかりと伸びのある声で発声できています。

距離感の発声
呼びかけるように発声します。
だんだんと遠くにしていきましょう。
腹式でキーも自然に高くしていくことができます。
地声で1オクターブ上のドまででました。
高音になればなるほど、細く長く遠くにイメージして発声していきましょう。


課題曲「ブルー」
低音部分、伸びやかに歌えています。息も自然と混ざり、表現豊かに歌えていました。

サビ
ブレスをしっかりしてから、高音域準備して、
「あなたと私いつも」に入ります。
「あなたと私」「いつも」2つ息のボールを投げるようにイメージして、ブレスを加えます。余裕のある息で歌いましょう。
「背中合せのブルー」地声の音域と裏声の音域をわけて考えました。地声はしっかりと前へ飛ばし、裏声になる高音域は、身体の中に縦のラインをイメージして上下に引っ張るように歌ってみましょう。

高音になるとき、つられて息もあがらないように、ペットボトルを握りながら歌いました。



腹式発声を鍛えていって、ひっくり返ったり震えたりしない安定した歌い方を身につけていきましょう。
太くしっかりした低音と、突き抜けるようなクリアな高音もそれぞれ練習し、最終的にはミックスボイスで自然につないでいけるようにしていければと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・下北沢

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta