音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート オリエンテーション、腹式呼吸、音域チェック、距離感、ウィスパー、アタックの発声など

オリエンテーション、腹式呼吸、音域チェック、距離感、ウィスパー、アタックの発声など

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
簡単なカウンセリングのあと、呼吸法を確認しました。
腹式呼吸は、吐ききるときに腹筋に力が入るのを感じてください。
また、吐ききることで自然と新しい息を取り入れることができます。

発声と音域チェック
下は1オクターブ下のド、上は2オクターブ上のレまで3オクターブオーバーでました。
胸式で裏声の発声でしたので、距離感を意識した発声で地声の音域をチェックしました。
1オクターブ上のミまででました。

距離感の発声
遠くの人を呼ぶように発声します。
高音になればなるほど距離感は遠くにしていきましょう。
また、響きが広がらないように、息の流れは細く長くつくっていってください。


課題曲「wherever you are」
2番Aメロ「baby」「死ぬまで stay with me」
サビ「Wherever you are, I never say goodbye ah〜」
高音部分同じシの音です。
Bメロ「二人にとって〜目の記念すべき」
高音部分一番高いドの音です。
地声の音域内ですので、しっかり距離感を遠くにして、細く長く飛ばしましょう。

ウィスパーの発声
「あいしてるよ」など、やわらかく歌いたい箇所では、息を混ぜて歌いましょう。
手を口のまえに当てて、吐息を当てるように歌いました。


課題曲「the bigining」
一番高い音でドの音です。
これも地声の音域でいけますので、細く長く遠くに飛ばしましょう。

ブレスのタイミングを掴みましょう。
アタックの呼吸
ボールを投げるように、ブレスのタイミングで息を吐き切ります。
ブレスの間隔が短ければ短いほど、高速でなげれるように、フォームから準備しておくイメージで、タイミングよく投げ、そのボールをキャッチして次のフレーズにつなぎます。
息をきれいに吐ききれることで、腹式発声で高音まで安定して出しやすくなります。


声量もあり、まっすぐ飛ぶ力強い声を持っていますね。得意のストレートボイスを基盤にして、テクニックも重ねていければ、ますますカッコ良く歌えると思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

Ryo's vocal school
藤原綾子 (ボーカルトレーニング)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・四ツ谷・御茶ノ水・水道橋・宇都宮・川越市・下北沢

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta