サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 東京 Ryo's vocal school レッスンノート 母音の発声

母音の発声

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
まずは呼吸法から確認していきました。
4拍吸って8拍吐く
間隔を4.3.2.1拍と短くしていきました。
鼻から吸う呼吸と、8拍目でしっかり吐ききることを意識しましょう。

発声
母音の発声
横の口、縦の口を意識して、「あえいおう」
高音から低音へ、ドシラソファミレドにあわせて、順番に繰り返していきました。
口をしっかり開けて、滑舌よく発声しましょう。
距離感は、一番高音のところから変えずに、腹筋キープして低音まで歌いきりましょう。


課題曲「パートオブユアワールド」
Aメロ
「何か」母音「あいあ」
「ここにある」母音「いあう」
口が開かない「い」に引っ張られて「あ」も開きにくくなっています。「あ」の母音はしっかり開けましょう。

Bメロ
「名前もわからない」母音「ああああい」
「あ」の母音が多く続きます。始めの「あ」で口を開けて歌いましょう。

Aメロ
「世界」無声音「s」の発音と、母音「あえい」横の口が続きますが、口は動かしましょう。
「踊りたい」母音「おおい」
「もし夢が」母音「おいうめあ」
縦の口から横の口へなります。口動かしてメリハリのある発音を目指しましょう。

Cメロ
「自由に」母音「ううい」口が開かない母音ですが、縦横と動かしてしっかり発音しましょう。


高音になるときには距離感を遠くにして歌いましょう。

歌い方はしっかりとしたストレートボイスで発声できています。
慣れてきたことで口が開かなくなってきているので、母音の口の動きを意識して、滑舌よく歌いあげましょう。
3曲、自身のある持ち歌を作れるようにこれからやっていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカ仕込みのマルチな先生!貴方に合った歌のコツを一緒に探しませんか

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした! 歌は身体と心が楽器です。 まずは自分の身体、心、自分自身を知ることで、扱えるようにしていきましょう。 呼吸は腹式呼吸を目指します。腹式呼吸のしくみも説明しました。 息がなくなるまで吐ききりました。 吐ききるときに腹筋に力が入るのを感じましょう。 また、...

レッスンお疲れ様でした! 呼吸法から確認していきました。 ろうそくの火呼吸法 指を立ててろうそくの火をイメージします。 一定の息の量で、まっすぐな息の流れで息を当てましょう。 4拍吸って8拍で吐ききれるよう、息の量をコントロールしていきました。 発声 距離感の発声確認していき...

レッスンお疲れ様でした! 姿勢から確認していきました。 身体の軸をまっすぐに意識します。 ストレッチをしながら整えていきました。 姿勢によって変わる声の違いを確認していきました。 呼吸法 ストレートで、4拍吸って8拍ストレートで吐きました。 発声 喉開けて発声しました。...

レッスンお疲れ様でした! 課題曲の原曲、バンド音楽を確認しました。 課題曲「guilty」 サビ 「wanting〜you」高音に行く前にポジション上に置いておきましょう。上顎のラインよりも下に落ちることはしないように。 喉はあけて発声しましょう。 「on/ly / you」な...

レッスンお疲れ様でした! 呼吸法 ストレートで、4拍吸って8拍吐きました。 スタッカートでhe 発声 軟口蓋を上げ、舌根下げて、喉開けて発声しました。 その形をキープしたまま発声。 息のコントロール。高音は響き集めて、後ろから前へ発声しました。 ベースの形を作って、口の形は...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta