音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート ジャズ

ジャズ

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした!
今日はストレッチ、呼吸、発声、歌をしました。

呼吸→歌を多めにやりたかったので少なめでした。suやhaやfuで1発、3発、5発をやっておくとよいです。下腹部や腰、お尻を意識して呼吸を続けましょう。


発声→ドッグブレスやため息から声を立ち上げていきます。口角はあげ、口は開きます。下の歯を隠すクセがあるので歯は見せてください。また、口の中は縦に広く使いましょう。下あごをだらんと下げるとよいです。
芯のある声をおでこから、後頭部から前方へ飛ばします。


歌→英語は難しいですが最後のテイクはかなりまとまっていてよかったです!extraとmadeの発音、音色だけ注意しましょう。LやLoveなども言葉のスピードが大事です。また舌を巻かないように。
高いところは裏声でも大丈夫ですが、からっと明るい歌なのでなるべく地声でいきましょう。軟口蓋を引き上げて、息を素早く出せば(喉は開けておく)高い音程も楽にでるのでやってみましょう。イメージは、息をするどく軟口蓋に当てる感じです。
重心が低く、体全体で歌えるようになってきたので良い感じです。その調子で歌いましょう。

リズムで遊んだり、言葉で遊んだり、音程で遊んだり、色々と楽しめるのでゆっくりのテンポで色々と試してみましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

明るく陽気な先生だから、初心者も安心して始められます!

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta