音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート リラックス

リラックス

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

こんばんは、さしやまです!
今日は雨の中お疲れさまでした!

体験レッスンということで、曲を歌いながらいろいろと体感してもらいました。

まずは喉のリラックス。喉を開けるということ。ため息やドッグブレス、喉に棒を入れるイメージなどやりました。
リラックスして息を吸ったり吐いたりしてください。
下あごや舌は力まないように。


次に軟口蓋の引き上げをやりました。
息を素早くたくさん上あごに当てます。喉に当てて歌を歌っていたところを、軟口蓋に当てて歌うようにしました。喉はあくまで息の通り道です。
響きが明るくなり、また口が縦に広がるのでたくさんの響きが得られ、ふくよかな声になります。


最後に呼吸をやりました。
腹式呼吸で下腹部や腰、お尻に息を入れてください。
実際は肺に入っていますが、胸は広げて少し肩を引いておきます。
呼吸ごとに胸が落ちないように注意です。
腹式呼吸は寝ているときになっているので、お腹の動き、腰回りの動きを確認してみてください。
なるべく腰の方を意識し、たくさん息を吐いたり吸ったりします。
ショートブレス、ロングブレスで呼吸筋を鍛えてあげるとよいでしょう。


これを踏まえて歌を歌いました。
リラックスを意識すると滑舌も甘くなりますが、まずは喉の脱力が大事なのではじめは気にせず。
可能であれば表情筋をたくさん動かしつつ、喉や下あご、舌のリラックスに努めてください。

とてもよい声をしているので、それを活かしつつ喉を開けて高い声を修得していきましょう。
筋トレで腹筋や背筋、スクワット、体力作りをしたり、ストレッチをよくして体を柔らかくするのもオススメです!
このレッスンノートを書いたコーチ

明るく陽気な先生だから、初心者も安心して始められます!

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta