音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 正しいピッチで歌うために、正しい音を知るレッスンSTEP1

正しいピッチで歌うために、正しい音を知るレッスンSTEP1

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

最終目標
正しいピッチで歌えるようになる!

感覚と、頭、両方からアプローチしていきます。

STEP1 
歌っている時に、今自分が発声したい音を頭の中で明確にイメージできるようになる。
今、何の音を発声しようとしているのか、音名と、音の聴感を頭の中で明確にイメージできるようになる。
→出したい音が自分の中で明確になると、歌っていて、音が外れているのか居ないのか分からず迷子になることがなくなり、自分で修正ができるようになります。

絶対音感のある人は、空(ソラ)という言葉を聞いただけで、その音が、♩のソ、ラ、になっていないと気持ち悪いと感じるそうです。
そのようにまでなる必要はないですが、そういう感覚が理解できるようになりましょう。

●ピアノの音で、正しい音階を理解し、音感を鍛える

●キーを把握。どこからどこまで出るかを確認。
●一番下の音から、上の音まで、音名を言いながら、歌う練習をする。
ドラムに併せて、ピアノで音を出して、それに合わせて正しい音が歌えるようにする。ドー  レーー ミー
下のドから、上のドへ、 上のドから、下のドへ下る。
♯無し。
次回は、黒鍵の音も追加してやっていきます。

いづれは、コードを聴いて正しい音を発声できるように。

●babydontcryを音名で歌う練習


まずは、まっすぐな発音で正しい音を出せるように訓練する。
ひたすら音名で。




普段から、耳にした曲をメロディに落とし込んだりして訓練していくとよいです。
音楽を聴くときもメロディーに集中して聴いてみたり、普段は聴かないような、メロディーが美しい曲を聴いてみることも、音感を磨く事につながり、新しいはっけんがあるかもしれませんよ。
自分の声質に近いボーカリスト、歌手を見つけて、その人の歌を良く聴いて、
練習してみるなどもおすすめです。
このレッスンノートを書いたコーチ

ギタボの方は必見!OLからメジャー進出、映画主題歌やカルピスのCM曲も

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta