音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 弾き語りに向けて

弾き語りに向けて

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまです!

今日は、ストレッチ、呼吸、発声、歌をしました。

呼吸→仰向けに寝たり、四つん這いになったり、中腰、椅子に座って呼吸のトレーニングをするとよいでしょう。重心を下げてたくさん吐く、たくさん吸う力をつけましょう。
口は大きく開けて、少し笑顔で。歯は両方見せて、舌は上がらないようにリラックスして収めておきます。


発声→ドッグブレスやため息をイメージして、そのまま声を出します。喉に棒を突っ込んだ感じで喉を開きます。
軟口蓋を引き上げ、そこに息をたくさん流します。
おでこから声が出る、もしくは後頭部から前に向かって声が飛ぶイメージでやるとよいです。


歌→だいぶまとまってきました。息の量はもっと欲しいのでそこを鍛えるとよいです。
カラオケで歌うときはガイドの音なしのオケで歌うとよいでしょう。そして録音したものを聞いて繰り返します。ピッチがフラットしがちなのでまずは気を付けましょう。
喉はもっともっとリラックスが欲しいです。しっかりお腹の支えがないと芯のない声になるので気をつけて。
口もしっかり開けて母音や子音の輪郭を、また歌のリズムを意識しましょう。
また、歌にツヤが欲しいので、歌詞を読んだり強弱を付けたり意識してみましょう。頭に声を響かせて倍音をたくさん出すとより艶やかになります。


弾き語り→歌、ギター、ピアノを別々に練習して、一緒に演奏しましょう。オリジナルやカバーなど自分の得意とする音域で歌うとよいです。ライブに向けて準備していきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

明るく陽気な先生だから、初心者も安心して始められます!

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta