音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 母音の克服は腹式と息の使い方です!

母音の克服は腹式と息の使い方です!

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした!
レッスンノートです!

『ブレス』
ドッグブレスはさすがの安定感でした!ロングブレスは秒数よりも息継ぎの時の息の吸い方が重要なので、その点を注意して練習して下さいね♪

『ハミング→裏声』
ハミングは必ず鼻の付け根の辺りから始めるように気を付けましょう。喉から引き上げてしまうと、なかなか柔らかい声になりません。必ずハミングで柔らかい声を作ってから口を開けるようにしましょう!

『ハミング→ミックスボイス』
久しぶりのミックスボイスでした!ハミングから声を太くするように集める時、喉で押してしまいますね。集める時、顎を軽く引き、前というよりもおでこ(上)を狙っていくと響きが上に抜けてくれて、綺麗なミックスボイスの土台の声が出来上がります。ミックスボイスでも裏声と同様、ハミングで元となる声を作ってから口を開けるようにしましょう!

『リップロール』
完璧でした!リップロールで曲を歌ってみるのも練習になりますよ♪

『スタッカート』
とても良いですが、高音部ではもう少し腹式を使えると良いですね。もっと大きく跳ね上がってくれますよ♪

『母音』
声を出している途中で息を吸おうとすると裏返ったり不安定になります。喉の奥を塞いでしまう癖もあるので、息は出し続けながら声を出すのが良いでしょう。ただ、息を出し続けると考えると、また息の量が減ってしまう可能性があるので、あまり考えすぎず、腹式の力と母音の言葉をはっきりいう事だけ頭に入れておくのが良いかもしれません。

『音感チェック』
次回からは1音当てで練習していきましょう!耳で聞こえた通りに歌えると良いですね♪

『低音』
低音が少し上がってしまうので、みぞおち(横隔膜)に手を当て、ここから声を出すイメージを持ちましょう。ここを意識すると喉が閉まりやすくなるので、喉の開きにも注意しましょう!

『高音』
今回は低音⇔高音で何度も交互に発声しました。喉の切り替えが遅れると、サビなどの急な高音に間に合いません。粉雪と合わせて練習を重ねていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

東京音大で声楽を専攻。クラシック~ブラックミュージック好きまで必見

明奈ボーカルスクール
近藤明奈 (ボーカルトレーニング)

南条・武生・鯖江・花堂・仁愛女子高校

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta