音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 前回の復習と理想の声の作り方

前回の復習と理想の声の作り方

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!

久しぶりとは思えない歌声と上達の早さに、ビックリしつつも嬉しくてテンションが上がってしまいました。今回もとっても上手に歌えましたね。声がどんどん理想に近づいています。
歌や練習が生活の中にあって、いつでも身体や音を意識して生活していただいているから、これだけ良い結果が出ているのだと思います。いつも歌と過ごしてくださって、ありがとうございます。
このまま焦らず、理想の声を作る方向で練習していきましょうね。

今回は声の通り道を思い出し、イメージをしっかり持つことから始めました。
背骨を一本のパイプだとイメージしていただき、そこをまっすぐ上に息と声が上がります。
そして頭のてっぺんからファルセットで声を出すと、腹式呼吸の息と声が連動して声の通り道が開きます。
開いたら、今度は眉間から声の響きを前に飛ばすように声を出し、それができたら最終的に舌全体を下へ2〜3mm下げて声を作って発声します。
いきなり声を作ると身体がビックリしてコントロール不能になってしまうので、身体も声も準備をしてあげましょう。

そして大切なことは、発声をしている時に感じる身体の感覚や鼻の奥のビリビリ感だったり、喉の重さなど、些細なことでも感じたことはキャッチして、脳と身体で覚えておくことです。
声を出す時に、この覚えた感覚を追いかけたり再現しようとすることで、声を出す準備が少なくて済みますし、理想の声を出すための筋肉を効率良くコントロールして鍛えることができます。
これはラクに楽しく上手になるコツですので、ぜひ、感覚を感じて覚える練習を続けてください。

苦手だとおっしゃっていた「ら行」ですが「る」は軽やかに発音できていましたので合格です。
「ら」や「れ」はちょっと難しいかもしれません。まずは歌っている間は笑顔をできるだけ長い時間キープできるようにすることから始めましょう。

課題曲も唸りが強く入って、かっこよさが増してきました。もっとかっこよくするために、いつでもキャラになりきりましょう。

次回も一緒にたくさん歌って、カコイイ!楽しい!をいっぱい体験しましょう♪
このレッスンノートを書いたコーチ

オペラ~アニソンまでこなす声楽家。恥ずかしがりやの方も気さくにサポート

ボーカル・スクール KANA
KANA (ボーカルトレーニング)

渋谷・武蔵小杉・都立大学・自由が丘・駒沢大学

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta