サイタ音楽教室ウクレレ教室 東京 チキチキウクレレスクール レッスンノート Bodysurfing 2回目のレッスンと米津玄師のレモンの弾き語りレッスンスタートです

Bodysurfing 2回目のレッスンと米津玄師のレモンの弾き語りレッスンスタートです

ウクレレ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回に引き続きJake Shimabukuroバージョンのウクレレソロ、『Bodysurfing』のイントロ部をコーチングしました。生徒さんは自宅練習をしっかり積んで来ており、イントロ部を全て暗譜していました。但し、姿勢、右手、左手が緊張していて、それぞれのフレーズがなんとか弾ける段階でしたので、力を抜いて弾く練習法をお教えしました。またフレーズ毎の音の強弱、音色、各演奏テクニックなどについても実地で演奏しながら説明しました。
この曲を全てマスターするには数カ月から1年は掛かるであろう事も伝え、その間どうしても練習に飽きる時が出て来ると思われるので、並行して米津玄師さんのレモンの弾き語りレッスンを進めていくことにしました。但しこの曲もコード一辺倒で弾きながらの弾き語りではなく、少し挑戦してみる事にしました。それは同曲に特長的なアルペジオ音をハーモニクス奏法を散りばめて演奏する事です。
以上、上記2曲のレッスンの方針を説明し、並行して練習していく事を伝えました。
このレッスンノートを書いたコーチ

東芝EMIからメジャーデビュー。ウクレレ以外に、耳コピも学べるレッスン

新着レッスンノート

マリーゴールドのイントロ部、メロディー部、間奏部、エンディング部、そして6度のリフを全曲の流れに沿ってレッスンしました。

引き続き鬼滅の刃、Gurengeのレッスンを行いました。 ウクレレでどこまで再現できるかLisaさんのオリジナル版、First Take版、岡野さん版などを参考に生徒さんと一緒に仕立て直したGurengeを練習しました。まだまだ手直しの余地があるので引き続き同曲はレッスンを続けます。

さよならエレジーに出てくる様々なリフを教材をベースにコーチングしました。先ず、各リフの運指を説明し、それらがスムースに弾けるまで工程ごとに練習の要領を実技を交え弾いて指導しました。その後、間奏部、そして最後にイントロ部の演奏方法について指導しました。 マリーゴールドについてはAメロとAメロ’...

さよならエレジーとマリーゴールドのレッスンをしました。 各曲のAメロに出てくる様々なリフを歌いながら演奏する練習を繰り返しおさらいしました。リフと歌唱とのタイミングの取り方の要領をコーチングしました。

あいみょんのマリーゴールドと菅田将暉のさよならエレジーのレッスンをしました。 マリーゴールドはイントロとAメロをコーチングしました。弾き語りをしながら6度のフレーズを入れ、曲に彩りを付けています。 さよならエレジーはイントロ部以降、繰り返す高速のリフの練習をしました。

レッスンノート ページ先頭へ

ウクレレ情報

サイタのウクレレ講師がブログを通して、ウクレレ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ウクレレの先生

@UkuleleCyta