サイタ音楽教室ウクレレ教室 神奈川 ケビンのウクレレ教室 レッスンノート 初回レッスン

初回レッスン

ウクレレ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンの受講ありがとうございました。既に曲も弾け、譜面の読み方、指の動かし方などもご存知だったので、どうしたらより良い演奏になるか、に焦点を当てたレッスンをしました。

最初に1音1音を伸ばすと言うことを話しました。残しておける指はなるべく残しておくことでコード感に溢れるソロウクレレになります。ウクレレは4本しか弦がない分ピアノの様に弾く事が難しいので、残せる音は極力残してあげましょう!指を残しながら弾いて行くと自ずと運指が決まってきます。勘が良いので「弾きやすい指はどれかなぁ」と考えながら練習れば問題ないかと思います。

押さえる時に注意したい事は自分から見てフレットの真左を押さえるという事です。そこを押さえる事で一番無駄無く、軽い力でキレイな音が鳴ります。フレットの真上でも、離れ過ぎててもキレイな音は鳴らないので注意しましょう。特に小指は力も弱い指なので特に注意が必要です。

ここまでの事を注意して練習して頂ければもうかなりそれらしくなると思います。レッスンの時に既に違いが出てましたしね!!他にもスライド、ハンマリング、プリングなど細かいテクニックを加えて行くと更によくなりますので、次回はその点についてもやっていきたいなぁと思ってます。

今後ともよろしくお願い致します。

Kevin Asami
このレッスンノートを書いたコーチ

アメリカで音楽家として活躍。コードとリズムを覚えて、好きな曲をマスター

新着レッスンノート

お疲れ様でした。 今日はEmはEm7にしちゃっても平気ですよ、という事や、リズムについても少し指摘させて頂きました。リズムは16分音符なのか8分なのかを判断して、16分ならずっと16分で腕が動き続ける様に心がけましょう。 メトロノームを鳴らして合わせて弾くのも大事な事ですのでやってみて...

今日は「糸」でのアルペジオのアイディアとシャッフルのやり方を紹介しました。 アルペジオに関しては16分音符は結構速いので手に馴染むまで繰り返し練習して手癖にしてしまいましょう。 シャッフルは慣れない内はパターンを弾いてるとシャッフルがストレートに変わってしまうので、怪しくなってきた...

お疲れ様でした。右手のパターンのこんなの基本型から少し発展させたものまでやりました。 まず、アクセントは2拍と4拍目に置くようにしましょう。ストラミングが強過ぎるとアクセントが強調されにくいので弱い所は弱く弾くようにすると良いですよ。 スクラッチを入れるとパターンが崩れがちになって...

レッスンお疲れ様でした。 今日はアルペジオのやり方、パターンを紹介しました。どの指を使って弾くのかと言うのはある程度固定しておいた方が弾きやすいとは思いますが、これと言った決まりはないものですので、綺麗な音でムラ無く、同じテンポで弾き続ける事を意識して練習してみて下さい。 ゆっくりで良...

本日は体験レッスンの受講ありがとうございました。 今日は最初に疑問に感じていらっしゃった、コードの種類、スムーズにコードを押さえる方法を説明しました。 コードの種類は無数にありますが、音楽理論に沿った法則があり、それを理解していく事で、弾くのも簡単にもなる!と言うのをご理解頂けたか...

レッスンノート ページ先頭へ

ウクレレ情報

サイタのウクレレ講師がブログを通して、ウクレレ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ウクレレの先生

@UkuleleCyta