サイタ音楽教室ウクレレ教室 東京 オレンジウクレレスクール レッスンノート メロディの捉え方、移動ド

メロディの捉え方、移動ド

ウクレレ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした。
今回のレッスンの概要をおさらいしましょう!


①大きな古時計

上から下に弾くダウンストロークに合わせて
細かい動きは
下から上に弾くアップストロークを入れることで
よりリズミカルにウクレレを演奏できるようになります。

チャン チャカ ンチャ カチャ
と弾くと弾き語りらしいウクレレの弾き方になります
この時右手の動きは上下上下が一定で
弾かないところは 空振り でリズムを取るところが重要です。

今回も大きな古時計を色んなリズムで演奏しました

曲の最後をためて弾く、であったり。
曲の雰囲気に合わせて弾くリズムを変えて楽しむ
という風に演奏しました。


②コードの読み方

今回、簡単でオシャレな和音CM7 を取り入れました

そこで、コードの読み方の話をしましたね。
C の場合Cメジャー 明るい和音
Cmの場合はCマイナー 暗い和音
これらは3つの音で和音が出来ています

これに4個目の音が加わると
G7 CM7という書き方に変わっていきます
ただの7 とM7の2つがある
というところがポイントです。



③メロディはドレミで覚えましょう!

キラキラ星のメロディに取り組みました。
ひとりが伴奏のウクレレを、もうひとりがメロディを弾くとアンサンブルを楽しめます!
という話で盛り上がりました。


メロディを覚えるとき
楽譜とにらめっこするのではなく
ドレミで覚えて、出来るだけ耳を活用するようにすると上達が早くなります。

この時、楽譜はカンニングとして
ちらっと見るように使いましょう

楽譜はメロディの解答例なので
ひとつの例に過ぎないというところがポイントです。

④移動ド

ドレミはどこにずらしてもドレミ
と捉えるメロディの捉え方を「移動ド」といいます。

ドはどこにいてもいいんだ!という
返答がもらえて、
腑に落ちてもらえたと思います。

ピアノと違って、ギターやウクレレですと
簡単にずらせるというのが強みですね。


そして、コードもずらして
自分の好きな高さで歌うことができるという考え方も
お伝えいたしました。
この時、ウクレレの端っこが移動してきたと考えることがポイントです。


⑤足でリズムをとりましょう

右足でリズムを取りながら演奏すると
安定感のある演奏ができます。
実際、つま先でウクレレを弾いていただくと
急に上達した雰囲気を感じられました。


⑥ウクレレはすぐ手の届く場所に

ウクレレをしまっておくのはもったいない!!
是非スタンドを買って、10秒以内でウクレレを弾けるような場所に置きましょう
という上達のコツでした。


今回のレッスンは内容が濃かったと思います
ありがとうございました!!
このレッスンノートを書いたコーチ

ウクレレバンドで活躍!演奏だけでなく、作曲や音楽理論も学べるレッスン

新着レッスンノート

お疲れ様でした。 本日はハッピーバースデーでF Bb Cなど、基本的なコードを練習しました。コードチェンジの肩慣らしをしました。 僕の音楽活動の同人音楽やDTMに興味を持ってくれて幸いです!

お疲れ様でした。 今回のレッスンの概要をおさらいしましょう! ①大きな古時計 上から下に弾くダウンストロークに合わせて 細かい動きは 下から上に弾くアップストロークを入れることで よりリズミカルにウクレレを演奏できるようになります。 チャン チャカ ンチャ カチャ...

お疲れ様でした!本日のレッスンの内容は 大きな古時計 より ・2分音符の親指ストローク(親指弾き) ・8分音符のダウン・アップストローク ・Fコードは親指を使ってみましょう きらきら星 より ・タブ譜の読み方 ・メロディ弾き ・コードは全部覚えなくても大丈夫! よ...

レッスンノート ページ先頭へ

ウクレレ情報

サイタのウクレレ講師がブログを通して、ウクレレ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ウクレレの先生

@UkuleleCyta