サイタ音楽教室トランペット教室 北海道 ムック・トランペット塾 レッスンノート お疲れ様でした。

お疲れ様でした。

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は第一回目のレッスン、お疲れ様でした。

マウスピースの当てる位置は問題ないので、このまましっかり練習しましょう。

注意点
・右手の指は真っ直ぐに伸ばして、指の腹でピストンボタンを押すようにしましょう。これに慣れておくと、指が早く動くようになります。

・舌先は下の前歯の裏に常に触れていることを感じましょう。音色と音程が安定するようになります。

・唇は力を入れて絞めるのはダメです。高い音もいい音も出なくなります。

次回レッスンまでは次のことを練習してください。
・「ド(Low-C)」で長く音を伸ばせるようにしましょう。
肺から空気がなくなるまで伸ばせるようにしましょう。
息が弱くなると、音程が下がります。下がらないようにするために、舌が上アゴに向かって上がっていくことを感じましょう。でも、舌先は下の歯の裏に触れていなければなりません。

・「ソ(Mid-G)」を出せるようにしましょう。
「ド」を「タ(ta)」、「ソ」を「ティ(ti)」と意識して吹きましょう。「ティ」の時は息を強く「音を押してあげる」感じで吹きましょう。
唇を絞めるように吹くのはダメです。その時の音は「ビィ・・・」と聞こえます。そんな音が出ないように気をつけましょう。

練習は休憩をとりながら、ゆっくりやりましょう。1回吹いたら口からマウスピースを離して5秒以上休むぐらいが丁度いいです。

では、次回よろしくお願いします。

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今日は体験レッスン、お疲れ様でした。 <ポイント> ・呼吸法 肋骨の周りの筋肉(肋間筋、背筋など)が肋骨を収縮させることで呼吸ができます。これらの筋肉が動いていることを意識してください。 ・音を出す マウスピースは、上2/3が上唇、下1/3が下唇に当たるようにします。左右のず...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 全体的には良くできていますが、もっと息をしっかり吐く事を意識してみましょう。 「唇」や「舌」「フィンガリング」を意識し過ぎて、息を楽器に送り込む事が疎かになっている気がします。 息がしっかり楽器に入っていけば、もっと楽にエクササイズが出来ると思います...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 いい音出ていましたが、途中練習不足かなと思える所もありましたね。 練習できていれば問題なく出来ると思います。 次回までしっかり準備してください。 曲は次回で仕上げます。やりたい新曲も決めましょう。 Thank you for your...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 やはり練習不足でしたね。でも音はしっかり出ていたので、心配していません。 新しいexerciseも出ましたので、次回までしっかり練習して下さいね。 夏休みの旅行は楽しんで来て下さい。 Thank you for your lesson to...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 <今日のポイント> ・唇の周囲の筋肉(口輪筋?)に力を入れる癖が出た様ですね。そのため、舌が動きにくい状態の様です。ド(ta)⇔︎レ(i)で舌の動きを確認しましょう。 ・タンギングはチロルチョコがベルトコンベアーで流れてくる様なイメージです。音の...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta