サイタ音楽教室トランペット教室 北海道 ムック・トランペット塾 レッスンノート お疲れ様でした。

お疲れ様でした。

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は体験レッスン、お疲れ様でした。そして、早速の入会ありがとうございます。

教則本はこちらの3冊を用意お願いします。
それぞれ、リンクをコピーしてブラウザに貼り付けると見れると思います。

全て著者は杉山正です。
・フレックス・タング・ビルド(ト音)
https://www.amazon.co.jp/dp/4902147343?tag=tosakin-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4902147343&adid=09Y631KXB8E814KCCHZ4&

・スムーズタンギング(ト音)
https://www.amazon.co.jp/dp/4902147432?tag=tosakin-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4902147432&adid=1EH3NPB9SKPNSGNHA57E&

・ナチュラルアンブシュア52週間_金管初心者のためのシステムエクササイズ(ト音)
https://www.amazon.co.jp/dp/4902147327?tag=tosakin-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4902147327&adid=1SKG25FBSC616SBEBHDK&

この他に部活でやっている曲などもやってみましょう。

今日のポイントは「舌」と「息」のコントロールを常に意識することです。
これは「金管演奏の原理」を読んでもらえれば詳しく書いてあります。

「舌先」を下顎の前歯の裏側に常に触れていることが基本です。唇は木管楽器のリードと同じで、振動するだけの部分です。舌は音色・音程を決める重要な部分です。唇で音程・音色をコントロールしようとすると、唇の負担が大きいのですぐにバテます。舌をコントロールできる様になることで、スタミナと音域の拡大もできる様になります。
譜面の音符の中で、低い音符は「ta(タ)」高い音符は「ti(ティ)」とイメージすると楽に音が出せる様になります。

「息」のコントロールは、「ti(ティ)」の発音の時にアクセントをつける様に息を強めに入れてあげるのがコツです。
今日渡したプリントのクレッシェンドが書いてあるのは、そのイメージです。

アンブッシュアは、マウスピースの当てる位置は上唇が上2/3、下唇が1/3になる様に当てるのが理想です。
その辺は時間をかけて直して行きましょう。アンブッシュアの修正は時間をかけないと危険です。まずは上下1/2になるぐらいに修正できると、楽に音が出る様になると思います。修正は、上記の教本を使ってしっかりトレーニングしていけば大丈夫です。

教本は前書きにトレーニング方法が書いてあるので、まずはそれを参考にしてください。詳しくは次回のレッスンで説明します。

では、次回レッスンを楽しみにしています。

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今日は体験レッスン、お疲れ様でした。 <ポイント> ・呼吸法 肋骨の周りの筋肉(肋間筋、背筋など)が肋骨を収縮させることで呼吸ができます。これらの筋肉が動いていることを意識してください。 ・音を出す マウスピースは、上2/3が上唇、下1/3が下唇に当たるようにします。左右のず...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 全体的には良くできていますが、もっと息をしっかり吐く事を意識してみましょう。 「唇」や「舌」「フィンガリング」を意識し過ぎて、息を楽器に送り込む事が疎かになっている気がします。 息がしっかり楽器に入っていけば、もっと楽にエクササイズが出来ると思います...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 いい音出ていましたが、途中練習不足かなと思える所もありましたね。 練習できていれば問題なく出来ると思います。 次回までしっかり準備してください。 曲は次回で仕上げます。やりたい新曲も決めましょう。 Thank you for your...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 やはり練習不足でしたね。でも音はしっかり出ていたので、心配していません。 新しいexerciseも出ましたので、次回までしっかり練習して下さいね。 夏休みの旅行は楽しんで来て下さい。 Thank you for your lesson to...

今日はレッスン、お疲れ様でした。 <今日のポイント> ・唇の周囲の筋肉(口輪筋?)に力を入れる癖が出た様ですね。そのため、舌が動きにくい状態の様です。ド(ta)⇔︎レ(i)で舌の動きを確認しましょう。 ・タンギングはチロルチョコがベルトコンベアーで流れてくる様なイメージです。音の...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta