サイタ音楽教室トランペット教室 東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート 低域と曲の練習

低域と曲の練習

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回もペダルトーンとリップスラー、曲の練習をしていきました。

ペダルトーンや速いリップスラーはとても難しいものですので、できるかどうかよりも特に吹き始めや演奏中の息の使い方にのみ注意しましょう。
息の使い方が徐々に整ってくると、だんだん低域も出やすく、リップスラーも動きやすくなってきますので、まずは息を、2〜3ヶ月ほどしてから徐々に音が出ると思っていれば大丈夫です。
曲も久々になってしまいましたが徐々に思い出してきたなと思います。今後も少しずず進めますのでこちらも練習しておきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

東邦音大卒。作・編曲にカラオケ音源制作もする経験豊富で温かい先生

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回は ・曲の練習 ・強弱や楽語の確認 を進めました。 曲は順調に進んでいると思いますので、今後はより強弱などを掘り下げつつ練習しましょう。 また、曲の流れを意識して息を流すようにしていくと、強弱、タンギングなどもやりやすくなります。

今回は ・不調時の調整の方法 ・曲の練習 を進めました。 不調時には演奏時に必要な力のバランスが崩れている事が多いので、どこがいつもと違うのか、何が原因で違うのかが判別できると調子の安定につながっていきます。 曲の方は安定して上達していると思いますので、その調子でアーティキュ...

今回は ・基本奏法の練習 ・簡単な曲の練習 を中心に進めました。 どちらも音を吹こうとすると力が入りがちになるので、いかにする息を吸って吐くだけにするかが重要です。 音を吹くのではなく息を吐く、という事を意識するようにしましょう。

今回は ・息の圧力のかけ方 ・力の使い方と口周りの図解 を中心に進めました。 舌の使い方や息の吐き方、演奏の際の動作の順番でよい音になりましたので、この点に十分気を付けて、これからも練習していきましょう。

今回は ・基本的な奏法や持ち方のアドバイスと練習 を進めました。 練習していくうちにきれいな音が出るようになってきていましたので、音を出すのではなく焦らずに息を吸って吐く、というイメージで練習しましょう。

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta