サイタ音楽教室トランペット教室 東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート 基礎奏法

基礎奏法

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は呼吸法、タンギング、リップスラーを満遍なく進めつつ、簡単な曲も演奏してみました。
呼吸法は、体の硬さが更に抜けるようにという部分と、音が先にならず、息が先になるよう心がけていきました。
タンギングは、大きな問題はないと思いますので、練習して音の裏返りが減るようにしていきましょう。
リップスラーは、息がスムーズなのでとても良かったです。音の移り変わりは顎と舌を意識して出来るとより良くなるでしょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

東邦音大卒。作・編曲にカラオケ音源制作もする経験豊富で温かい先生

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回は ・喉の状態確認 ・舌や唇の形やリラックス確認 を中心に進めました。 ゆっくりで構いませんので、一つずつ落ち着いて確認しつつ、練習しましょう。

今回は ・バズィングによるグリッサンド練習 ・リップスラー練習 を中心に進めました。 どちらも特に1音目の演奏の際に、音を出そうとするのではなく、自然体で息を吐けるように気をつけられると、綺麗なリラックスした音で演奏できていましたので、焦らずゆっくり息を吐いて音はその内ついてく...

今回は ・基礎練習 ・アンサンブルの練習の大詰め を進めました。 基礎の時は音程がぶら下がり気味の時がありましたが、息の流れが良くないと起こりやすいので、しっかりと安定した息を意識して演奏しましょう。 アンサンブルの曲は、強弱の変化がはっきりと分かるようにつけつつ、早めのスピ...

今回は ・演奏時の姿勢 ・安定したリラックスした演奏のための呼吸 を中心に進めていきました。 姿勢を正すことで体全体に無理のない、力を無駄に使わない姿勢になり、呼吸の安定とリラックスにつながります。 さらに呼吸をどうしていくか考えることで、出てくる音に良い響きと楽な音量で演奏...

今回は ・息の圧力の使い方 を中心に進めていきました。 ある程度息の圧力を口の中で上げてから吹くことで、音の安定と出やすさにつながります。逆に圧力が足りないと他で補おうとするため全体のバランスが崩れて上手く演奏できないなどの事が出てきます。 喉の奥は広く、前歯に近いところで圧力...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta