音楽教室トランペット教室レッスンノート 高音へのアプローチ

高音へのアプローチ

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!


基礎的な部分に関しては、とてもバランスが良く安定した技術をお持ちだと思います。

今回は、課題と位置付けていた高音について少しお話します。


トランペットに限らず、吹く楽器に対して最も重要な事は、息をどれだけ使えるかという事です。
息に頼る割合が多いほど身体が楽に使う事が出来、無理の無い演奏が行えます。

高音に対してもそれは変わらず、音域が上がれば息の量に加えてスピードも必要です。

一つの練習方法として、中音域から高音域にかけてのロングトーンがおすすめです。
決して大きい音にならないよう、真っ直ぐ吹く事がコツです。


また、音程に対しての意識も大切です。
高音域に上がると、どうしても音を当てる事に意識が傾き、音程を崩してしまう確率が増えて来ます。
ある程度はそれでも出す事が出来るのですが、その内に音が細くなったり音色が悪くなったりします。

真っ直ぐ伸びのある音を出すには、一つ一つの音程を今以上に注意して、中音域の太さと良い音色のまま上がっていく意識が必要です。

練習方法としては半音階などが有効ですが、これはどんな練習にも言える事なので、日頃から心掛けて演奏する事が重要です。


高音はトランペットにとって一つ究極の課題ですが、単に音を出すではなく、使える音を出せるようにするという事を常に頭において演奏していきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大卒。教員免許も持つ、教え上手な先生があなたの上達をお手伝い!

小倉大都トランペットスクール
小倉大都 (トランペット)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・溝の口・登戸・町田・吉祥寺・三鷹・千歳烏山・調布・下北...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta