音楽教室トランペット教室レッスンノート トランペットで音を出す時に考えたいこと

トランペットで音を出す時に考えたいこと

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日の体験レッスンお疲れ様でした!
今日やったことで大事なことを下記にまとめておきますので、練習の参考にして頂ければ幸いです。

1.ブレス
トランペットを吹く時に一番大事なことは息です!
息がスムーズに楽器の中に入っていくことが出来れば、自然と音色も良くなります。
まずはたっぷり全身で息を吸うようなイメージで息を吸うことを心がけてみてください!

2.タンギング
音を出す時には基本的にTaとタンギングをしてあげて音を出します。

3.音の形
特にロングトーンの練習をする際に意識的に取り組んで欲しいのですが、基本的な音の形のイメージはピアノのように、始めは最初からきれいに音が鳴り、終わりは自然に減衰するように練習してみてください。

*楽器のお手入れ
今日お話ししたようにグリスを塗る箇所は一週間に一回、ピストンに挿すオイルは楽器を吹く時には必ず挿すようにしましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

中高生への指導経験も豊富。国内外の有名プレイヤー直伝の練習法で上達

としみつのトランペット教室
岩波俊光 (トランペット)

北朝霞・川越・和光市・朝霞・志木・鶴瀬・新河岸・川越市・鶴ヶ島・東松山

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta