音楽教室トランペット教室レッスンノート 良い音の感覚を覚えよう!

良い音の感覚を覚えよう!

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日のレッスンお疲れ様でした!

音を鳴らす、という事に関しては前回同様に問題無いので、後はさらに効率の良い吹き方を身に付けていければと思います。


今回、特に覚えて頂きたいのは以下の2点です。

・息の吸い方
・口の形をすぼめない


息の吸い方に関しては、現在口の形に対しての意識が強く、吸う量が少なくなっています。

もちろん、口の形を維持するのはとても大切な事なので、結論として「口の形を維持出来る吸い方」というのが必要になります。

方法としては、「ハ」のように口を開く吸い方だと、口の形を維持しながら量を吸うのは難しいケースが多いので、「すぅ」という口の形でやってみましょう。

イメージとしては、下から何かを吸い上げるような形にしてみて下さい。

但し、「う」が強くなり過ぎると口がすぼんでしまうので注意しましょう。


また上記の事にも関連する「口をすぼめない」という事ですが吸う時以外でも、音を出す瞬間にすぼみやすく、トランペットの音よりも息の音の成分が多くなってしまいがちです。

吹く、という形で代表的なリコーダー等とは違った吹き方になるので最初は難しいと思いますが、鏡などで口の形をチェックしながら練習すると効率よく身に付いていきます。


最後に楽器の角度ですが、少し首の方が上がってしまい喉が締まりやすいので、常に楽器と平行に構える事を意識しましょう。

少し今より低く構えても全く問題無いので、吹く高さ自体を少し下げて吹くと吹きやすくなりますので試してみて下さい!


今回は以上になります。
次回も楽しんで演奏しましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大卒。教員免許も持つ、教え上手な先生があなたの上達をお手伝い!

小倉大都トランペットスクール
小倉大都 (トランペット)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・溝の口・登戸・町田・吉祥寺・三鷹・千歳烏山・調布・下北...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta