音楽教室トランペット教室レッスンノート 音を出す時に気をつける4つのこと

音を出す時に気をつける4つのこと

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日の体験レッスンお疲れ様でした。

タイトルにもあるように、今日やったなかで一番大事な、音を出す時に気をつけたい4つのことを下記にまとめておきます。

1.マウスピースを唇にセットする(楽器を構える)

2.出す音をイメージする
・頭の中で今から出す音を歌いましょう。

3.ブレスをする
・まずはゆっくり、たっぷりと息を吸うことを心がけてください。
息がしっかりと楽器の中に流れるイメージを持ちましょう。

4.タンギングをして音を出す
・基本的に音を出す時にはタンギングをします。(TAの発音です)
始めのうちは意識をしないとタンギングをせずに音を出してしまいがちになるので気をつけましょう。

以上のことを気をつけながら、まずは今日やったようなロングトーンの練習、タンギングの練習を中心に行っていくといいと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

中高生への指導経験も豊富。国内外の有名プレイヤー直伝の練習法で上達

としみつのトランペット教室
岩波俊光 (トランペット)

北朝霞・川越・和光市・朝霞・志木・鶴瀬・新河岸・川越市・鶴ヶ島・東松山

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta