音楽教室トランペット教室レッスンノート トランペット上達の基礎

トランペット上達の基礎

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした!


久しぶりという事でしたが、真っ直ぐなとても良い音が出ていました。
他の金管楽器のご経験があった事も活きていると思います。


今後より上達する方法として、今回は3点上げておきます。

①息を大きく吸う事
②吹いた時、重心を上がらないようにする
③高い音を出す時、身体や息を後ろに引かない事


①は、今後楽器を吹く時には常に意識してもらいたい事です。
息は音のエネルギーそのものなので、高い音、綺麗な音、大きな音、どんな音を出す時も必ず息は大切になってきます。


②は、息を大きく吸った時や、高い音を狙った時に起きやすいです。
重心が上がってしまうと、あごが上がって喉が締まってしまい、結果として息が少なくなってしまいますので、特に高い音を狙う時は重心を下げていって、首から上をその場にしっかり固定する事が重要です。

※但し、重心を低くすると頭の中の音のイメージも一緒に下がってしまいがちになるので、最初は難しいですがイメージは上に、身体の使い方は下に、という意識を持ちましょう!


③は、出るか不安な音(特に高い音)を狙う時に起きやすいです。
身体を後ろに引くと、これも息が止まってしまう原因になってしまい、結果的に音が出なくなります。
むしろ逆に開き直って、息や身体の意識を前に向かって進めるイメージで吹いてみましょう。

※注意点としては、前に行こうとし過ぎで身体全体が前のめりになってしまう事です。
あくまで、後ろに引かないようにする手段なので、基本的には身体や首はしっかりとその場に固定して、イメージを前にするという事を心掛けて下さい。


今回は以上になります。
それでは、次回も楽しんで演奏しましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大卒。教員免許も持つ、教え上手な先生があなたの上達をお手伝い!

小倉大都トランペットスクール
小倉大都 (トランペット)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・溝の口・登戸・町田・吉祥寺・三鷹・千歳烏山・調布・下北...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta