音楽教室トランペット教室レッスンノート トランペットの基礎について

トランペットの基礎について

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

トランペット(金管楽器)はバズィング(唇を息で擦り合わせた音)を使って演奏します。

・楽器はいい加減に持たず正しい形で持ちます。
・マウスピースの当て方は歯が潰れない程度に、唇との隙間があかないようにきちんと押さえます。音を出す際はさらにマウスピースに唇をフィットさせるようにしてあげます。
・バズィングは上下の唇が触れ合わないと鳴りません。息だけを送るのではなくきちんとアンブシュア(楽器を吹く際の唇と口周りの形)が整っているか確認しましょう。

打楽器と違うトランペットを吹く際に必要な特殊な技術は
・口周りの筋肉(表情筋)を維持したり、自由に動かすこと。
・息を一定に送り続けたり、圧力をかけたり等のコントロールをすること。
の2点です。

ブレスコントロール
・ハ行(はひふへほ)を発音する時のように、横隔膜(鳩尾とおへその間くらい)を動かして息を送ります。口を使って送ってしまうとアンブシュアが崩れたり、無駄な力が入りやすいので気を付けます。
・ベルまで、1m先まで、など具体的には決めた目標に向かって、息を吹き続けることに慣れましょう。この時、できるだけ長く送る意識をすると上達が早いです。
・身体をポンプのように使うためにはある程度の基礎筋肉が必要です。特に背筋は鍛えづらい場所ですので、普段から姿勢に気をつけてみたり、背もたれによりかからずリクライニングのように倒れて呼吸を行ってみると色々とメリットがあります。

楽器を吹く際はなるべくマウスピースから始めましょう。
・子音のMを発音し唇を閉じた状態でマウスピースを当て、息を吸って唇が閉じていることを確認して息を流します。初めは綺麗な音も大切ですが、きちんと息を流せているか、しっかり音がなっているかを大切にしてください。
・音程がぶら下がったり、途中で音が途絶えてしまわないようにロングトーンをします。このあと慣れてきた(音が出したいタイミングで出せる・まっすぐなるようになる等)ら、マウスピースで高い音や低い音を出して口周りの筋肉をほぐします。上手くできなければ今は飛ばしてしまってください。

・マウスピースを楽器につけて、マウスピースの時と同じポイントに気をつけながら音を出します。この時も「とりあえず鳴るか確認しよう」ではなく、初めから長く伸ばすつもりで吹くと上達が早いです。

・♩=80で8拍、綺麗に伸ばせるように練習してみてください。
音がぶら下がる時は「息を送るイメージが近すぎていないか、口角含め頬がぶら下がっていないか」、
音が頭から鳴らない時は「アンブシュアが崩れていないか、息を送る感覚や範囲が狂っていないか」、
音が途中で出なくなってしまう時は「歯の隙間が異常に開いてしまうように顎がぶら下がっていないか、息を最後まで同じ強さで送り続けているか」
等を気にかけてみてください。
・ロングトーンが安定してきたらピストンを使って他の音も同じく美しく伸ばせるように練習します。慣れてきたら今日のレッスンで行ったように半音階で音を下げていっては戻る、その反対で半音階で音を上げていっては戻る練習をしてください。
その際、慣れてきたら音を変える(ピストンを押す)際にタンギングもしてみてください。慣れてきたら出発の音を違う場所からにしてみてもいいと思います。

タンギングに関して
・タンギングをする際は必ず息を流すことを優先にFttttと吹くつもりでいましょう。しかしバズィングが鳴らないと音は出ないので発音の際だけは唇を自然に閉じる意識を忘れないでください。

・2拍伸ばしてタンギングをしながらクレッシェンド(息の送る量を増やす)をして、きちんと音が並ぶように練習します。初めは空気の音だけになってしまうことが多いと思います。息の量を増やした時唇が空気の流れに負けて開いてしまっていないか、息を強くするのに口を使ってしまっていないかを気をつけてください。
・クレッシェンド又は音量をコントロールする際は強く・弱くではなく、息を送る距離が遠くなったり近くなったりするとイメージしてみてください。
・慣れてきたら大きく吹いてからデクレッシェンドする練習もしてみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

忙しい方でも大丈夫!ストレスなく、演奏を楽しみ続けられるレッスンを提供

楽にこつこつトランペットレッスン
山田恭子 (トランペット)

新宿・池袋・吉祥寺・中野・高円寺・新高円寺

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta