音楽教室トランペット教室レッスンノート 基礎練習を効率良く行う為に

基礎練習を効率良く行う為に

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回のレッスンお疲れ様でした!


身体の使い方が大分馴れてきましたね!
後は、これが如何なる時でもブレずに安定させられるか、という所になってきます。

[今回の練習]
アーバン教本1巻
・P19.32
・P31.23
・P41.4
・P78.1


各練習については、レッスンでお話したコンセプトをそれぞれしっかり守って練習して下さい。

ここでは全体的な注意点を上げておきます。


前回から、楽器の角度はとても良い方向に改善しているのですが、そこに意識を向けると、少し楽器の構えている高さが上がり過ぎてしまっています。

高さがあり過ぎると、肩が上がったり、あごが上がって喉が絞まったりしてしまうので、全体の構えを少し下げて特にあごがしっかり引ける構えにしましょう。


また、音の出だしにムラが出てしまうのは、
・息を吸った後、タメを作ってから音を出す。
・音を出す際に、あごが上がらないようにする。

上記を意識する事で、確率が格段に上がります。


練習方法としては、
・曲やフレーズの1音目を1拍吹く
→3拍休む

これを数回繰り返した後、すぐに本来の譜面を吹くとスムーズな流れが作れます。
※この一連の流れの際は、口から楽器を離さないようにしましょう。


それでは、次回も楽しんで演奏しましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大卒。教員免許も持つ、教え上手な先生があなたの上達をお手伝い!

小倉大都トランペットスクール
小倉大都 (トランペット)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・溝の口・登戸・町田・吉祥寺・三鷹・千歳烏山・調布・下北...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta